老後リタイアで金持ちと貧乏になる分かれ目とは何か!?

スポンサーリンク

お金の不安を抱え老後リタイアに突入!

定年を迎えるまでに、貯めておきたい貯蓄額は、一般的に「3000万以上」といわれています。

そこで、老後リタイアした人に、60歳時点での貯蓄額を尋ねたところ「3000万以上」と答えた人が「29.0%」という結果になったそうです。

一方で「1000万~2999万」と答えた人は「29.7%」になり、また「1000万未満」の人たちは「41.3%」と一番多い結果になったそうです。

その結果「約7割」の人が、お金に何かしらの不安を抱えたままで、老後に突入している現状があると思います。

なぜ老後の貯蓄額に差が生まれるのか?

なぜ、老後の貯蓄額に差が生まれるのかというと、それは若いころの「貯蓄額の推移」を見るとわかります。

それは、30歳時点での貯蓄額を見ると、上記の貯蓄額で「3000万以上」と答えた人は「1000万~1499万」が「26.4%」で最多でした。

また、貯蓄額「1000万~2999万」と答えた人は「100万未満」と回答した人が「43.5%」と最も多く、すでにこの30歳の時点で、貯蓄額に大きく差がついています。

その差が、そのまま老後の貯蓄額の差になっているようです。

老後に向け貯蓄額を増やす方法とは?

そこで、老後リタイアに向け貯蓄額を増やす方法は、それはズバリ「資産運用」です。

老後リタイアに向け、コツコツ貯金するのも1つの手だと思いますが、資産運用の開始年齢は早ければ早いほど、一般的に良いといわれています。

その理由は、40歳未満で資産運用を始めた人は、上記に書いた貯蓄額「3000万以上」の人で「61.5%」になっていて・・・

一方「1000万以下」の人では「46.8%」になっており、半数を切っている状況で「3000万以上」の人と「1000万以下」の人を比べると「約15%」もの差があります。

ただし、資産運用で確実に利益が出るとは限りませんので、注意が必要です。

その他の貯蓄額を増やす方法

また、資産運用以外にも貯蓄額を増やす王道というか方法があり、それは、毎月の給与から天引きして積み立てることです。

そして、そういったことをコツコツとできるタイプの人が、お金を貯められるというのがあると思います。

また、それ以外では、何かしらの副業をしてみたり、転職することで年収増を狙うなど、貯蓄額を増やす方法は、調べればいろいろあると思います。

最後に

老後リタイア後の貯蓄額は、世間一般に「3000万以上必要」とわれていますが、その貯蓄額は人により様々で、あくまでも世間一般にいわれているというだけです。

また、老後リタイアの貯蓄額については、ないよりかは多くあった方が良いのは当たり前の話しで「備えあれば患いなし」ということになると思います。

そして、老後リタイアの貯蓄額を少しでも多くしたいと思うなら、若いころからコツコツ貯金するなり資産運用するなりで、貯めることが必要になると思います。

そこで、若いころから老後のことをえ「適度」に、貯蓄額を増やして行くことが、大切なことだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
老後・介護
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ