40代独身で貯金が100万円で老後が怖い今すべきこととは?

スポンサーリンク

40代は老後を真剣に考える時期!?

40代にもなると、もうそろそろ老後のことを真剣に考える時期になると思います。

もちろん、20代など早くから老後のことを考える人もいると思いますが、40代にもなると定年退職に向け先が見える時期になると思います。

ですので、定年退職の先の老後のことを考える時期にもなるのかと思います。

さらに、老後に備えこれからある程度の貯金などをして行かなくてはと、考える時期にもなると思います。

お金は多くある方が良い

しかし、40代で今まで浪費ばかりで貯金がないという人は、これからどうしようかと悩むと思います。

また、多少貯金があったとしても、老後にいくらかかるかは不明な部分もあり、そこで老後のお金のことについて悩んでいる人もいると思います。

確かに、将来のわからないことを、今から悩んでも仕方がない面はあると思いますが、老後のお金については、ないよりかは多くあった方が良いと思います。

そこで、老後にお金については、早くから具体的な計画を立てた方が良いといわれています。

具体的な計画を立てる。

なぜ早くから計画を立てた方が良いのか、それは早くから計画を立てた方が、余裕を持って計画を実行できるからで、後々修正が出た場合でも修正が利くからです。

その具体的な計画とは、例えば、定年退職後(60歳)から年金をもらうまで(65歳)の間は「5年間」もあるわけです。

仮に生活費が月15万だとしたら、月15万×12か月×5年=「900万」(生活費のみ)ということになり、最低でも定年退職するまでに、その900万が必要ということになります。

ただし、退職金が相応にあるとあか、定年退職後も嘱託などで働き続ける予定などの人は、別の話しになります。

900万では足りない!?

上記の具体例で、年金をもらうまで最低でも900万が必要と書きましたが、それは生活費のみの部分だけですので、それだけでは不安だと思います。

それは例えば、年金の支給年齢が65歳ではなく、将来的に70歳に上がる可能性もありますし、病気などで予想以上に多く出費してしまう可能性などもあるからです。

もちろん、上記のような予測不能な将来的な出費などは、誰にも予想できません。

しかし、900万は生活するためのギリギリのラインですので、900万以上を貯めて少しでも多くの余裕がある方が、金銭的にも精神的にも安心できると思います。

最後に

とにかく老後については、早くから具体的な資金計画などを立てて、それを早くから実行するに越したことはないと思います。

しかし、老後のことばかりを考え過ぎてしまい、老後が不安だと思いながらビクビクしながら生活するのも、それはそれでどうかと思います。

そこで、何事にも「適度」が良いと思いますので、今の生活のことを大事にしながら、老後のことも適度に考え生活するのが、一番良い老後の考え方なのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ