部屋が汚いとうつ病になる可能性があるそうです。

スポンサーリンク

モノを捨てることへの不安

断捨離やミニマリストなどの言葉が叫ばれている昨今

片付け、整理術が話題になり、シンプルな生活を好む人が多くなったと思います。

しかし、なんだかんだでモノを捨てるのって、かなりの決断が必要になると思います。

そもそも、どうして人はモノへの執着から逃れられないのか?

それは、人は所有物から離れることに不安を感じるからで、モノを捨てることを怖がってしまうからです。

モノが溢れた状態はうつを引き起こす

物流が豊かになり、モノへの依存心が高まった現代

モノが溢れた状態で生活することで、精神に異常をきたす恐れがあるそうです。

そして、ひどければ「うつ状態」になることもあるそうです。

その一例としては、うつ病の患者で、精神状態がよくない人は、ベッドの周りが散らかっている人が多いそうです。

本来、安眠する場所なのに、そこにモノが多いと治るものも治りません。

休める場所を作ること!

そこで、精神面の健康を保つためには、まずは休める場所から。

安心する空間を手に入れれば、心に余裕が生まれる。捨てることへの効果は大きい。

モノを捨てるときに感じる不安は、モノを捨てることで解消されます。

上記のベッドのことだけでなく、部屋が汚いことで、精神状態が悪化することもあります。

そのことで人間関係などが悪くなり、それがうつ病になってしまうこともあります。

部屋が汚いと集中力を欠く

部屋が汚いと、色々な悪影響があるといいます。

その一つが「集中しにくくなる」ということです。

それは、モノが散らかっていて部屋が汚いと、集中したいときに、周囲のモノに気を取られてしまうからです。

そして、たくさんのモノが視界に飛び込んできて、脳のエネルギーを無駄に消費してしまうそうです。

また、集中できなければやる気も起きず、何事も適当になってしまいがちです。

信じられない本当の話し

例えば、仕事から疲れて帰って来て、汚い部屋を見るとゾっとする。

その後、汚い部屋でご飯を食べていたら、精神が崩壊してしまう人もいるかもしれない。

部屋が汚れているだけで、うつ病になる可能性があるなんて、大げさな話しで、にわかには信じがたいことですが・・・

しかし、部屋が汚いことで、実際にうつ病になってしまった人がいるそうです。

そこで、部屋が汚くて良いことはなく、定期的に部屋を清掃することで、心(精神)の安定が保たれると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

病気
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました