セミリタイア資金で重要になるのはリスクの取り入れと捨てる勇気

スポンサーリンク

実際にやってみないことにはわからない。

セミリタイアして「成功した」とか「良かった」などと思う人もいれば・・・

逆に、セミリタイアして「失敗した」とか「後悔してる」などと思う人もいると思います。

セミリタイアでも何でもそうだと思うのですが、実際にやってみないことには、成功するか失敗するか、それはわからないことだと思います。

そこで、私のような心配性の人間は、セミリタイアして失敗したくないと、予防線を多く張ることになります。

セミリタイア資金と予防線

その予防線とは、セミリタイアして失敗しないためには、どのようなことをしたら良いのかと考えることで・・・

そして、実際に考えたことを実践して、失敗しない策をこれでもかと講じることです。

例えば、セミリタイア資金でいえば、病気になったときのことを考えて、生活費以外に500万多く資金を増やそうとか・・・

また、年金が減らされたときのことを考えて、1000万増やそうとか・・・

もしくは、自宅の修繕費のことを考えて、500万増やそうなど、もしものとき(将来のリスク)のために、セミリタイア資金を多く用意することです。

セミリタイアしたいけど資金が足りない!

しかし、予防線をあれこれと多く張り過ぎると、亡くなるまで一生働き続けても、セミリタイア資金が貯まらない。

そのような状況になる可能性もあると思います。

そうなれば、セミリタイアしたくても資金が足りず、残念ながらセミリタイアできない。ということになると思います。

そして、セミリタイアしたいけど、資金が足りずセミリタイアが出来ない。という状況に追い込まれことになります。

どこまでリスクを取り入れて捨てるか

そこで問題になるのが、セミリタイアするための資金をどうするかということで・・・

将来的にリスクになる可能性を、どこまでセミリタイア資金に取り入れるかということです。

それは、セミリタイア資金として、必要な資金と不要な資金を効率良く選別し、不要な資金は切り捨てる勇気を持つことが重要だと思います。

そこで、多くのリスクを切り捨てると資金が少なくなり、資金的にスッキリすると思います。

しかし、多くのリスクを切り捨てると、それはそれで不安になると思いますので、その辺の見極めは難しいところだと思います。

最後に

予防線を多く張れば、セミリタイアして失敗したとなるリスクは、それだけ少なくなると思います。

しかし、予防線を多く張れば資金的な問題などで、セミリタイアするまでの道のりは、遠のくことになります。

そこで、繰り返しになりますが・・・

セミリタイア資金では、将来的なリスクになる可能性をどこまで取り入れて、どこを切り捨てるかが重要になると思います。

ただし、セミリタイア資金が潤沢にあるという人は、上記のことは、そこまで深く考える必要はないのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!