50歳の会社員で貯金は6200万円あり早期リタイアを考えています。

スポンサーリンク

早期リタイアを考えているAさん

50歳で会社員のAさん(女性)、現在独身で母親(80歳)と同居しているそうです。

また、母親には十分な貯金があるので、介護の費用などの心配はしていないそうです。

Aさんは、金融資産がかなり増えたこと、職場で勧奨退職の年齢になったことなどから、来春の早期退職を考えているそうです。

資産は記載(6200万円)のほか、個人年金、養老保険などの生涯受取予定金額が、1500万円ほどは見込まれます。

個人年金は、55歳から受取り開始で年24万円、3%逓増型終身年金は55歳受取り開始、10年定期年金60万円

早期リタイアしても心配ないと思う

さらに、60歳受取り開始10年定期年金30万円、計3件の個人年金に加入しているそうです。

また、退職金は2300万円ほどになります。

そして、上記の資産などの内容を読むと、早期リタイアするには資金的に十分で、悩む必要はないと思います。

さらに、独身であることや家賃の心配が必要ない、母親の実家で暮らしていることも、メリットになると思います。

そこで、早期リタイアしても、十分にやっていけると思います。

心配しすぎるのは良くない

それでも心配といえば、母親が高齢(80歳)になりますので、介護が必要になった場合の費用などになると思います。

しかし、上記に書いてある通り、母親には十分な貯金があるそうで、その辺については、心配していないそうです。

または、自分もしくは母親が病気になり、動けなくなるなどの心配もあると思います。

ただし、そこまで深く心配してしまうと、何もできなくなってしまい、身動きが取れなくなると思います。

そこで、その辺はなったらなったときに考えると、割り切るしかないと思います。

恵まれた環境のAさん

それにしても、仮に早期リタイアしたとしても、生活するための資金が十分にあり・・・

さらに、母親にも十分な貯金があり、母親の介護費用などの心配が必要ないなんて、かなり恵まれた環境だと思います。

一方、私といえば貯金は少ないし、両親は健在で、両親に貯金があるかといわれると・・・

正確な貯蓄額を聞いたことはありませんが、それほど蓄えはないと思います。

そこで、仮に両親の介護が必要になれば、私の資金を取り崩すか、何かで補てんする必要があると思っています。

その何かとは、例えば転職するとかダブルワークなどで、収入を増やすということです。

両親の介護の心配

そこで、私が今怖いと思っているのは、両親の介護が必要になることです。

しかも、私の父親は高齢で杖や手すりがないと、歩くのにふらついてしまう状態です。

そんな父親の状況を見ていると、あと数年後には、父親の介護が必要になる可能性がある思っています。

ただし、体は衰えていますが、ボケたりはしていませんので、そこが救いです。

とにかく、上記の内容を読むと早期リタイアするには、Aさんは資金的に恵まれていて、羨ましいと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました