退職代行を利用する若者が急増とか日本は終わってる?

スポンサーリンク

退職代行サービスについて

最近、需要が急増している「退職代行サービス」について

話題としても退職代行サービスのことが、取り上げられる機会も増えていると思います。

そして、現在は夏休みの最中になりますが・・・

夏休み前に退職代行サービスを利用して、夏休み後に会社を辞めたいという若者が、急増しているそうです。

その詳細は「夏休み明けの8月19日に、会社に退職の連絡をしてくれ!」という予約になるそうです。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、その名のままになりますが、本人に代わり退職を代行してくれるサービスになります。

パワハラや長時間労働で、心身共に限界まで追い詰められた人たち

そのような人は、会社に退職したいといいたくても、いえない状況にあります。

そこで、そういった人が利用するサービスが、退職代行サービスということになります。

会社に退職したいとは、いいにくいと思います。それを代行してくれるのが、退職代行サービスということです。

Aさんの例について

例えば、都内のIT会社に勤める、Aさん(32歳)の場合ですが・・・

会社は、長時間労働が当たり前で、残業代も出ない。それは、典型的なブラックな労働環境だったそうです。

そこで、退職を申し出たところ、強引な引き止めにあったそうです。

その後、ネットニュースで退職代行サービスの存在を知り、退職代行サービスに、退職を代行してもらったそうです。

しかし、次の会社でもパワハラに合い、再び退職代行サービスを利用したそうです。

精神的に追い込まれては元も子もない

世間では、仕事を一度でも辞めてしまうと辞め癖が付くので、良くないといいます。

しかし、パワハラなどされ精神的に病んでしまっては、そこまでして仕事をする意味はないと思います。

確かに、生活するにはお金が必要で、お金を得るには、働く必要があると思います。

しかし、健康あっての仕事だと思いますので、病気になって無理してまで、仕事をする必要はないと思います。

そこで、退職したくても退職できないというのなら、退職代行サービスを利用するのも、一つの手だと思います。

日常的に使うのはダメ

ただし、退職代行サービスを利用するのが、日常的になってしまうのは、少々問題があると思います。

それは、退職代行サービスを使えば退職できると思い、簡単に仕事を投げ出してしまうのは、どうかと思うからです。

もちろん、退職理由がパワハラなどなら、話しは別になります。

また、転職回数が多い私が言っても、説得力に欠けると思いますが・・・

とにかく、退職代行サービスを利用するにも、次の良いステップになるのなら、利用する価値があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事・副業
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました