老後資金が確保ができていない50代は7割もいるそうです!

スポンサーリンク

50代の老後資金の確保について

50代で、老後資金が確保できていない人は「7割」以上もいるそうです。

その調査結果が以下になります。

・老後資金の必要性を認識していない割合は「45.6%」

・資金計画を立てていない割合は「62%」

・資金確保ができていない割合は「72%」

老後資金について

老後資金については、いくら資金を必要とするか?

その資金次第で、調査結果は違うと思いますので、何ともいえないと思います。

それは、50代にもなれば蓄えが、1000万とか2000万とかそれ以上とか、そういった人が多くいると思います。

そこで、仮に老後資金を2000万と低くすれば、老後資金が確保できていない50代が、7割もいることはないと思います。

老後資金が多ければ良いと思いますが…

老後資金については、ネットや某雑誌などでは、1億円必要ともいわれています。

そこで、多くの資金が必要と考えれば、確保できていない人が、7割以上いてもおかしくないと思います。

そして、私自身は3000万円貯めて、セミリタイアしたいと考えているのですが・・・

欲をいえば、セミリタイア資金も加味した老後資金については、5000万円あると余裕を持てると考えています。

私には5000万とか無理!

しかし、収入が少ない私が、5000万円を貯めるには・・・

60歳を余裕で超えて、亡くなるまで働き続けなければならない可能性があります。

ですので、そうはなりたくないと思い、50歳までに3000万円貯めて、セミリタイアしたいと考えています。

ただし、世間一般では50代が、一番給与が多い時期になると思います。

そこで、50代から老後資金を貯めても、間に合うという人もいると思います。

最後に

老後資金については当然ですが、早くから貯めた方が良いと思います。

それは、後々になって老後資金が足りないと嘆くより、早くから計画を立てていれば、余裕が持てと思うからです。

とはいえ、家族がいて子供がいてとなると、何かとお金が掛かりますので・・・

そこで、家族や子供が落ち着いた、40代後半からとか50代から、老後資金を貯めるという人が多いのだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました