セミリタイア後に考える家賃を安くする方法について

スポンサーリンク

セミリタイア資金が目減りする恐怖

セミリタイア後に、セミリタイア資金が目減りするのは、避けたいことだと思います。

それは、セミリタイア資金が枯渇すれば、セミリタイアを止めざるを得なくなるからです。

そこで、セミリタイア資金を少しでも減らさないためには、節約などをして支出を抑える必要があると思います。

もちろん、セミリタイア資金が潤沢にある人は、節約など考えなくても良いと思います。

しかし、セミリタイア資金が潤沢にあるという人は、そう多くないと思います。

支出と変動費と固定費

そこで考えるのは、支出を抑え節約するには、どうしたら良いのかということです。

そして、支出については「変動費」と「固定費」があります。

変動費とは、毎月変動する費用のことで、食費、水道光熱費、不定期な雑費などになります。

固定費とは、毎月一定額掛かる費用のことで、家賃(住居費)、通信費(携帯、ネット)などになります。

そして、節約で重要なのは、どちらかといえば「固定費」だといわれています。

固定費で一番大きいのは家賃

その理由は、固定費は一度減らせれば、その後は継続的な節約になるからです。

例えば、月6万円の家賃を5万円にできれば、継続的に毎月1万円の節約になります。

そして、固定費で一番大きいのは「家賃」になると思います。

そこで、仮に家賃の節約ができれば、大きな節約になると思います。

しかし、家賃を節約するといっても、どうやってやれば良いのか、わからないと思う人も多いと思います。

引っ越しを検討する

家賃を節約する方法は、いろいろあるのですが・・・

一番簡単だと思う方法は、家賃が安いところに「引っ越すこと」です。

例えば、今まで6万円だった家賃のところから、5万円のところに引っ越せば、毎月1万円の節約になります。

もちろん、引っ越すところが5万円ではなく、5万円以下の4万円でも3万円でも、安ければ安いほど節約になります。

ただし、引っ越したことで不便になり、生活に支障が出るのは好ましくないと思います。

大家さんに交渉する

それ以外にも、家賃を節約する方法として、大家さんに交渉する方法があります。

それは、大家さんに家賃を交渉することで、3千円でも5千円でも家賃を下げてもらえれば、それだけ節約になります。

また、自分で大家さんと交渉するのは、難しいという人は・・・

住居を紹介してくれた、不動産屋を通して大家さんと交渉する。という方法もあります。

とにかく、大家さんと交渉次第で、家賃を下げることが可能かもしれません。

最後に

とにかく、家賃は固定費の中で、一番大きな額になると思います。

そこで、家賃を下げることができれば、セミリタイア後の生活が楽になると思います。

そして、セミリタイア後の生活が楽になれば、セミリタイア資金の心配は減ると思います。

また、家賃を下げる方法を検討することは、セミリタイア資金を減らさず、生活の安定にも繋がると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました