マンションブームの裏で増加しているリノベーション失敗物件

スポンサーリンク

マンションブームの裏で!

五輪招致の成功で、活況を呈(てい)しているマンション市場

都内のベイエリアを中心に、高層マンションが次々に建設されています。

その一方で、経年劣化の激しいマンションも増加していて、深刻なトラブルを抱える物件も少なくない。

それは、住民の高齢化、共用部にはゴミが溢れ、そんな負のスパイラルに陥り、スラム化するマンションもあります。

そこで、老朽化したマンションの活用法として…

リノベーションをしてから売り出す「リノベーション物件」(リノベ物件)が、近年注目されています。

トラブル続出のリノベーション物件

しかし、人気の高まりとは裏腹に、杜撰(ずさん)な工事によるトラブルも続出しているといいます。

特に問題が多いのは「水回り」です。

洗面台下の排水管から水漏れしていたり、触れただけで管が壊れて、水が噴出した物件もありました。

ですので、表面上はきちんと補修を行っているように見えても…

床下などでは、配管の劣化により水漏れし、カビが増殖しているケースもあります。

またそれ以外に驚くほど、初歩的なミスも多いといいます。

レオパレス24の件

それは、トイレや台所の換気扇のファンが、逆に取り付けられていて…

室内の空気を排出せずに、臭いなどが逆流するケースがありました。

さらに、本来なら耐火性がある素材を使わなければいけない部分を、無視してしまっていた例もあります。

例えば最近の話しでは、ノベーション物件の話しとは違いますが…

レオパレス24の施工不備の問題は、記憶に新しいと思います。

その内容は、遮音や延焼を防ぐための「界壁」(かいへき)が、設置されてなかったなどの問題になります。

不誠実な対応

また、そういった施工などの問題に関して、レオパレス24は、今後調査するといいながら…

何ヶ月も調査せず放置していた、不誠実な対応も問題になりました。

ただし、上記のようなトラブルは、リノベーション物件に限らず、中古物件でも新築物件でもあります。

それは、一概にリノベーション物件だけの問題ではないということです。

そこで気を付けたいのが、どの業者からマンションを買うのか、どの業者がリノベーションしたのかということです。

そして、大手といわれる会社から買うのであれば、トラブルになるケースは少なく…

仮にトラブルにあったとしても、悪い対応はしないと思います。

事前の調査が重要

もちろん、大手だから安心かといわれるとそうではなく、トラブルになるケースは少ないのかなと思います。

しかし、大手とは違い名も知らない業者となると、価格は抑えられるかもしれませんが…

トラブルに巻き込まれる確率は、高くなるのなかと思います。

そこで、リノベーション物件を買うにしても、どういった業者から買うのか…

担当者は本当に信用ができる人なのかなど、事前の調査がいろいろ必要になると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました