何でこんなにも家を買って失敗とか後悔する人が多いのだろうか?

スポンサーリンク

1ヶ月で買った家を手放す。

Aさんは、20代のときに新築一戸建てを買って、環境選びに失敗

そして、たったの1ヶ月で家を売却して、500万円もの借金を背負ってしまったそうです。

そして、人生のどん底を味わったそうです。

環境選びに失敗したとは、例えば近所には、茶髪のヤンキーばかりが住んでいて・・・

また、人前で子供を怒鳴りつける、そんな親も近所に住んでいたそうです。

爆音が鳴り響く環境

さらに、家が軍基地の滑走路の直線状にあり、騒音が酷かったそうです。

それは、ゴーゴーゴーという、すさまじい音が鳴り響いてい・・・

騒音のレベルを超えていて、騒音以上の「爆音」だったそうです。

最初は、安く土地が買えたと喜んでいたそうですが、いざフタを開けて見ると、そういうカラクリがあったそうです。

そこで「こんな家には住めない!」となり、1ヶ月で家を売ってしまったそうです。

家を買って失敗した例

また、上記以外にも家を買って、失敗したと考えている人は多いそうです。

失敗したと考える理由の一例が以下になります。

・とにかく住宅ローンの返済がきつい。

・子供が増えたことでローンの支払いが厳しい。

・収納スペースが少なく物の置き場がない。

・子供が増えて部屋数が足りない。

・近所の騒音がうるさい。

・住んでみたら欠陥住宅だった。

・フローリングの材質が悪い。

・オール家電にしたが失敗だった。

住んでみないとわからないことも!

上記のことは、細かいことも含まれていますが・・・

家を買っていざ住んでみると、いろいろな不平不満が出るのだと思います。

むしろ、自分が想像した通りの家に住んでいる。そういった人の方が少ないと思います。

それでも、我慢できる不満なら我慢すると思いますが、そうではない不満については・・・

ストレスが溜まる一方になると思います。

お金に余裕を持つ

上記の失敗例を見ると多くの場合が、お金で解決できることだと思います。

それは、仮にお金に余裕があれば、回避できる問題だということです。

例えば、住宅ローンの支払いなどは、お金に余裕がないから厳しくなるのだと思います。

そこで、家を買うにもお金に十分な余裕を持って、家を買う必要があると思います。

そういったことを怠った結果が、買った家の不平不満につながっているのだと思います。

最後に

上記にも書きましたが、自分の想像通りの家に住むというのは、難しいことだと思います。

そこで、ある程度の失敗を見越して、リフォーム資金なども視野に入れて家を買えば、失敗する確率は低くなると思います。

もしくは、念には念を入れて、何度も何度も家の下見を重ねて、さらに周りの環境も念入りに調べて、それから家を買えば・・・

それもまた、家を買っても失敗する確率は、低くなると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました