冷蔵庫では賞味期限の近いものを手前に置いて節約する!

スポンサーリンク

冷蔵庫に取り合えず入れるはダメ!

買った食材を冷蔵庫に入れるとき、何も考えずに入れてませんか?

何も考えず冷蔵庫に食材を入れる人は、手前に新しい食材を入れる人が多いそうです。

そうすると、古い食材が常に冷蔵庫の後ろにあることなります。

そして、冷蔵庫にある食材を使うときは、手前から使うと思いますが気付いたときには…

後ろの食材が賞味期限切れになっていたことも珍しくないと思います。

そして、食材が賞味期限切れになれば、その食材を捨てることになりますので、それは無駄でしかなく節約になりません。

新しい食材は常に後ろに入れる!

そこで節約を考えるなら、冷蔵庫に食材を入れるときは…

新しい食材を常に「後ろ」に入れることを心掛けると節約になります。(古い食材を手前に置くこと。)

新しい食材が後ろにあるということは、手前にある食材が常に古い食材になります。

そのことで、手前の食材から使っていれば、賞味期限切れになることが少なくなります。

そして、賞味期限切れが少くなければ、食材を捨てることが少なくなりますので、自然と節約になるということです。

また、ときには冷蔵庫の中身を定期的にチェックして、古い食材が後ろにないかを確認することも大切です。

定期的な賞味期限のチェック!

そのことで、古い食材があるかを知ることで、賞味期限が近い食材から使えば、賞味期限切れを防ぐことができ…

古い食材のチェックなどもできますので、一石二鳥で節約になると思います。

とにかく、賞味期限の近い食材を手前に置いて順次使うようにすれば、さらに賞味期限切れの食材は少なくなります。

また、調味料は長期保存ができるものが多いため知らず知らずのうちに、賞味期限を切らしてしまうことも多いと思います。

これも上記に書いたように、冷蔵庫の中身の定期的なチェックをすることで…

調味料の賞味期限も知れますので、調味料の賞味期限切れも少なくなると思います。

調味料のダブリ買いを防ぐ

また、例えばマヨネーズがないと思い、新しいマヨネーズを買ってみたら…

冷蔵庫を探したらマヨネーズがあったと、調味料のダブリ買いも結構多いと思います。

これも、常に古い調味料を手前にしておけば、調味料が前に見えますので、調味料のダブリ買いを防ぐことができます。

冷蔵庫にある食材を使い切る前に、同じ食材を買ってしまうのは無駄でしかありません。

もちろん調味料は基本的に長期保存が効きますので、無くなった場合の予備として事前に買っておくのは問題ありません。

また、調味料のことだけでなく、例えば豆腐が冷蔵庫にあるのに、また新しい豆腐を間違えて買ってしまい…

結局、豆腐を使い切ることができずに、捨ててしまったとなれば節約にはなりません。

最後に

食材などのダブリ買いは、特に大きな冷蔵庫の場合に多いそうです。

また、食材の賞味期限切れも上記と同様に、大きな冷蔵庫の場合に多いそうです。

そこで大きな冷蔵庫の場合は、ダブリ買いや賞味期限切れは、特に注意が必要だと思います。

それを防ぐには、冷蔵庫では常に古い食材を手前に置くこと。冷蔵庫の中身を定期的にチェックをすること。

その二つが重要になると思います。

ということで、冷蔵庫に食材を入れるときのチョットした気遣いが、後の節約になるという話しでした。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました