株価が下がると思っていても売れずにモジモジしている。

スポンサーリンク

リセッションなんて起こるの?

今年からリセッションが起こる(すでに起こっている!?)と言われていて、株価が大きく下がると言われている。

ちなみにリセッションとは「景気が下降すること」で、通常ならそれと連動して株価も下がることになる。

しかし、9月末までの株価の状況を見ると確かに下がってはいるけど、そこまで大きく下がってはないと思う。

むしろリセッションが起こると言われている割には株価は高いと思う。

そして10月に入りやっとと言うか突如と言うか、リセッションが起こると言われていたことが現実味を帯びて来ている。

とは言え、今年始め29000円だった日経平均株価が現在は27000円なので、そこまで大きく下がってはいない。

その状況を見て、投資している多くの人は「リセッションなんて起こるの?」と、他人事のように構えているのではないか。

リセッションは起こると思うけど…

リセッションについては、私は8対2ぐらいの割合で起こると思っている。

だから一旦持ち株を全て売ってしまい、ある程度下がったところで買い直せばと、今年に入ってから何度思ったことか。

しかし、コロナ発生当初の2020年にもそう思い持ち株を売るも、その後どうなったかは説明する必要もないこと。

コロナ発生時には、多くの人が世界が終わると考え、株価が暴落することになる。

しかしその後の量的緩和などで、逆に株価が爆上げすることになる。

そんな感じで株価が動くとは予想もできなかったことで、お馬鹿な私はそんなことを考えることすらできなかった。

仮にそれがわかっていたら、私は今頃大金持ちになっていたけど。

凡人以下の私には無理

何が言いたいのかと言うと、今後株価が上がるとか下がるとかお馬鹿な私がない知恵を絞って考えたところで、どうなるかはわからないってこと。

だから、持ち株を今売るのが正解なのか、売らずに持ち続けるのが正解なのか、それはわからないってこと。

と言うのも、今後リセッションが起きて株価が暴落するかもしれないけど、それはあくまでも予想であって確実ではないから。

例えば米国が何らかの理由で突然利上げを止めるかもしれないし。

もしくは、長引くと言われているロシア対ウクライナの戦争が突然終了して、景気後退予想がくつがえるかもしれない。

結局リセッションが起こると思っていても、この先何が起こるかわからないから、持ち株を売れずにモジモジしていると言う話しで…

先の株価を予想するのは、凡人以下の私では無理って話しでした。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました