貧困女子から抜け出すにはお金の使い方を上手になること!

スポンサーリンク

若年層の多くは年収300万円未満

若年層の年収は「300万円未満」が多数を占め、女性の場合はさらに年収が低くなります。

そのことを反映してか、最近では「貧困女子」なる言葉がもてはやされています。

そして、35歳未満の単身世帯の平均支出は、女性の場合「15万7669円」になっています。

また、15万円の支出といえば、上記の年収300万円未満から考えると、そこそこ多い支出になると思います。

その内訳は、家賃が一番多い支出になり、次に食費になります。

平均はあくまでも平均

月15万円の支出といえば、年間だと「180万円」の支出になります。

そして、上記の年収300万円とは「総支給」になります。

そこで、手取りにすると総支給の300万円は、250万円そこそこになると思います。

そこから180万円を引くと、年間で「70万円」が余る計算になります。

そして、年間70万円の余裕があるなら、貧困女子にはならないと思います。

しかし、上記の15万円の支出は、あくまでも「平均支出」になります。

女性は何かとお金が掛かる

そこで、毎月の支出15万円というのは、全ての人に当てはまる数字ではありません。

特に女性の場合、定期的に服を買ったり、化粧品を買ったりなどすると、男性に比べて支出は多いと思います。

その上、男性より収入が少ないとなれば、毎月のお金のやりくりに悩む女性も多いと思います。

そして、毎月の赤字をボーナスなどで補てんする女性は、少なくないと思います。

そのことで、赤字の補てんにボーナルや貯金を取り崩していては、貧困から抜け出すことの妨げになります。

貯金と投資をする

お金の使い方が上手な人は、なにも節約が上手ということではありません。

節約するだけでなく、お金を貯めたりお金を増やすことができる人が、お金の使い方が上手だといえます。

お金を貯めるとは、毎月少額でもいいから、積立貯金などすることになります。

また、お金を増やすとは、投資をすることになります。

しかし、投資にはリスクが伴いますので、闇雲に投資すれば良いわけではなく、注意が必要になります。

お金の使い方を上手になる

そして、貧困から抜け出したいと思うなら、まずは貯金することだと言います。

その上で、投資をすることで、お金に対する価値観や使い方を学ぶと言うことです。

とにかく、入って来たお金を右から左に使っていては、貧困になるのは当然だということです。

そこで、貯金や投資することで、お金の使い方が上手になる必要があります。

そして、お金の使い方が上手になれば、自然と貧困女子から抜け出せるということです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました