幼稚園の遠足で行った芋掘りで世の中のズルさと不公平を知る。

スポンサーリンク

芋は3個までです!

幼稚園の年長組のときに、最後の遠足で「芋掘り」に行ったのですが・・・

その後、芋掘りの場所に到着して、先生からある言葉を言われました。その言葉とは「芋はたくさん掘っても一人3個までです!」という言葉でした。

なぜ芋は3個までなのか、それは皆が芋を掘って大量に持って帰ってしまうと、次に芋掘りする人の芋がなくなってしまうからです。

そこで、私はその先生の言葉を信じて、芋を掘りながら大きい芋を3個選びました。

先生の言いつけを守らない派が多数

しかし周りを見ると、芋を5個持っている人や、中には10個も持っている人もいました。

そこで、近くにいた人に「先生が芋は3個までと言っていたよ。」といったのですが、その言葉は無視されました。

また、他の人にも同じことを言ったのですが、そんなのは掘った分だけ持って帰っていいんだよ。とか・・・

酷い人になると、隠して持って帰ればバレないよ。とまで言われました。

ばつが悪そうにする先生

その言葉に納得できず、先生にほとんどの人が芋を4個以上持っている。と告げたところ・・・

先生はばつが悪そうな感じで、そのことを周りの人に注意できませんでした。

というのも、私以外の人は全員と言っていいほど、芋を4個以上持っていて、いまさら掘った芋を返しなさい。とは言えなかったからです。

また、保護者が同伴していた子供もいて、その親に芋は3個までだと強く言えなかった。というのもあったと思います。

ズルい人が得をする。

そこで、先生は私に「ゴメンね。」といって、自分の分の芋を一個分けてくれました。

そういったのを聞くと、一見すると良い先生のように思いますが、裏を返せば言葉悪いですが、物で釣って言い包(くる)めた。ということです。

仮に先生が、芋は3個までだと周りに強く言っていれば、ズルしてまで芋を多く持ち帰る人はいなかったと思います。

結局、先生の押しの弱さを知ってか知らずか、先生が何もいわないことをいいことに、大量に芋を持ち帰ったズルい人が得をしたということです。

世の中はズルくて不公平

そして、真面目に先生の言いつけを守った人は、結果的に損をしたということです。

社会に出ると同じようなことが多くあり、真面目に働いている人よりも、人に取り入るのが上手い人などの方が、評価が高かったりします。

そして、高い評価だったり出世するのも、真面目な人よりコミュニケーション能力(コミュ力)が高かったりする人になるこも多いと思います。

そしていつも思うのは、真面目に生きるよりも、ズルく生きた方が得することも多く、世の中はそんな不公平を感じることが多いということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
その他
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ