都会の片隅で見えないネカフェ難民になる貧困女子

スポンサーリンク

ネカフェ難民女子

早朝の新宿歌舞伎町、出勤する会社員などに交じり、足早にネットカフェに入る一人の女性がいた。

名前は「ユミ」(20代後半・女性)

彼女に自宅はなく、ネットカフェなどを転々とする生活を、なんと5年間も続けている。

この時間は空いているから、広い部屋に入れる。これから夕方まで寝る。

パックで1000円くらいかかるけど、ホテルとかに比べたら安いから。

所持金は3000円。口座残高はゼロなので正真正銘の全財産だ。

見た目は小奇麗でOL風

持ち物はバッグ一つで、洋服はコインロッカーに預けてあるという。

よく延滞してしまい業者に持っていかれちゃうけど、そのたびにGUとかで安い服を買うしかないかなって。

今日は少し熱っぽいんだよね。保険証もないから気合で治すけど。

そう笑う彼女は一見、普通のOLのようだ。小奇麗な服装にきっちりしたメイク。

容姿を見ただけでは、放浪生活を送っていると気づく人は恐らくいないだろう。

彼女のような存在は「見えないホームレス」とも呼ばれている。

見えないホームレス

それは、住居を持たないにもかかわらず、路上で暮らす男性ホームレスのように、目につくことが少ないからだ。

生活に困窮する若年層の女性の場合、多くは家庭の貧困やトラブルが発端です。

そして、そういうコは出産が早くなる傾向がある。

そうなると、正規雇用にも就けず、大学を出たコに比べて、その後の数年間で人生が決まるほどの差ができてしまう。

そして社会からも孤立する。

また、昨夏からネットカフェを常宿とし始めたアケミ(30代前半)の場合、もともとは保育職に就いていた。

住所不定で雇ってもらえない

だが薄給なうえ、激務で体を壊して退職。

しばらくは貯金で凌いでいたがそれも底をつき、ネットカフェで寝泊まりする生活を始めた。

最初は、次の職場までの繋ぎのつもりだったんですけど、住所もないのでまともな会社は雇ってくれない。

でも、ここにはシャワーやコインランドリーもあるし、なんとか暮らせます。

住んでいる人は、スウェット姿とかでいるからすぐにわかる。

なかには、50代くらいの人もいますね。

最後に

ネカフェ難民で女性というと、お金がないので仕方なくネカフェに住んでいるとか…

また、地方から上京した女性は、住むところもなくお金もないので、取り合えずネカフェに住むという人も多いそうです。

また、既婚女性の場合は、生活苦、貧困、子育て、DVなどから、逃れるためにネカフェに来る人も多いそうです。

そして、居心地が良いとのことで、ネカフェに定住してしまう人もいるそうです。

しかし、ネカフェ難民では住所がないので、正社員などの定職に就くのは難しいと思います。

そこで、ネカフェ難民から抜け出すには…

まずはきちんとした住み家を探すために、お金を貯めることが大切なるのかと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました