貧乏性だからお金が貯まったのがあるけどその弊害も多い。

私は貧乏性です。

私は「貧乏性」です。

それは、何をするにもというと、大げさになりますが・・・

お金のことを気にしてしまい、買いたい物などが少しでも高いと思うと、買うのをためらってしまいます。

例えば、たまには外食しようと思うときがあるのですが・・・

しかし、自炊した方が安いと思うと、外食することをためらってしまうということです。

外食が高いと思ってしまう。

外食といっても高い外食をするわけではなく、1000円も出せば余裕で外食できます。

しかし、私が自炊して掛かる食費は、一食平均で200円か300円そこらです。

それをして、外食に1000円出すとなると、高いなと思ってしまいます。

そこで、たまには外食したいと思うのですが、外食費の1000円のことを考えると、やはり自炊しようと思ってしまいます。

それは、外食したいと思うだけで余程のことがない限り、結局のところは外食しないということです。

英会話学校の話し

また、かなり前になるのですが、私は英語を覚えたいと思っていた時期がありました。

しかし、英会話学校に通えば、一回のレッスンで数千円掛かることになります。

当時は、今と比べると料金が高かったので、通う回数にもよりますが、月にすると数万円掛かるような状況でした。

それでも、英語が覚えられるなら、良いと思っていました。

しかし、もし英語が覚えられず途中で挫折したらと思うと、お金をのことを考えて止めてしまいました。

貧乏性の弊害

仮にあのときお金のことを考えず、英会話学校に通っていたら・・・

もしかしたら今頃、英語がペラペラとはいいませんが、日常会話ぐらいはできていたのかもしれません。

そのことで、生活とか仕事とかの視野や幅が広がっていたかもしれません。

そして、今頃は今と違う会社で、英語力を活かした仕事をしていたかもしれません。

上記は全て仮定の話しになりますが、こういったことが、お金が使えない貧乏性の弊害だと思います。

お金は大切ですが…

お金は確かに大切だと思います。

そして、今までお金を大切にしてきたからこそ、多くはないですが、そこそこ貯金ができたと思っています。

しかし、お金を大切にし過ぎたことで、多くのやりたいことを捨てたのもまた事実です。

結局やりたいことをしつつ、さらにお金も貯めるという、それが両立できれば良かったと思っています。

最後に

しかし、一方を取ると他方が成り立たずで、私はやりたいことよりも、お金を貯めることに専念してしまいました。

そして、それが良かったのか悪かったのかは、私が亡くなるときに、人生を改めて振り返ってみて、わかることだと思います。

ただ、貧乏性でお金が使えなかったことで、諦めたことが多くありますので・・・

貧乏性は、悪いことではないと思いますが、良いことでもないと思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました