ネットがあれば田舎暮らしも大丈夫の落とし穴とは?

田舎暮らしに憧れる人が増えている。

給与が上がらない今の時代

都市部で働く若者は、高い家賃に生活費を圧迫され、貯金もできず、明るい未来像も描けないでいるといいます。

そのうえ、毎朝、満員電車に揺られて通勤し、夜遅くまで仕事で酷使される。

そんな都会での生活に疲れてしまい、田舎での暮らしを目指す人が増えているといいます。

そこで、最近では田舎暮らしや移住などの特集が、テレビやネットなどで見る機会が多くなったと思います。

ネットがあれば心配ない!?

現代はネット全盛社会

どんな辺境の地にいてもネット環境さえあれば、距離的な問題は解決される。

特にSOHO(自宅内オフィス)態勢で、仕事ができる人にとっては・・・

田舎暮らしは、住居コストなどが低い分、理想的といえると思います。

そして、田舎でもネットを使い仕事ができれば、仕事の心配も収入の心配もありません。

使い物にならないネット環境

とはいえ、田舎暮らしといっても、どこに住むかという問題があります。

その問題とは、住む場所によっては、ネット環境が整っていない場所もあるからです。

それは、光回線は当然のようになし・・・

ADSLがあっても速度が遅い、WiFiの電波は安定しないなど、そういった田舎があるのも事実です。

そんな状態では、いくらネットが使えるといっても、使い物にはならないと思います。

配達対象外の田舎

また、買い物に行きたいと思っても、田舎だと店まで車で20分とか30分とか・・・

それならば、楽天やアマゾンなどで欲しい物を探して買えば、配達してくれると考える人もいると思います。

しかし、場所によっては配達対象外になってしまい、配達してくれない田舎もあります。

さらに、苦労して店まで車で行ったのはいいけど、都会の大きな店とは違い、品揃えが少ないのが実情です。

それは、田舎に住んでいると、必要なものが買えない可能性があるということです。

特にドが付くようなド田舎になれば、それは十分に考えられると思います。

どこに住むのかが重要

いくら田舎暮らしがしたいからといって、そのような田舎で、本当に生活できるのかと考えるのですが・・・

仮に私なら速攻で「無理です!」と答えます。

特に今までずっと都会で生活していたとなれば、数日もすれば田舎暮らしの不便さがわかると思います。

そこで、田舎暮らしするといっても、どこに住むのかが重要になると思います。

また、仕事が嫌だからとか都会が嫌だからといって、安易に田舎暮らしと考えるのは危険だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました