ザ・ノンフィクションのphaさんの番組を見て思ったこと

スポンサーリンク

ザ・ノンフィクションのphaさん

ザ・ノンフィクションのphaさんの番組を見て思ったのは「お金がなくても楽しく暮らす方法なんてあるのか?」とうことです。

確かにお金が少なくても、楽しく暮らす方法はいろいろあると思います。

しかしそれは、少ないながらもお金があることが前提で、お金が全くなければ、楽しいもへったくりもないと思います。

そして、ニートの多くはお金がないので、親に面倒をみてもらっているのが現状です。

そのことで、親に面倒をみてもらっていて、楽しいはずはないと思います。

働きたいけど働けない!

それはまず、親に面倒をみてもらっているニートの多くは、今の現状を変えたいと思っているからです。

もっと突き詰めて言えば、働かなければと思っていても働けない。そのジレンマに毎日襲われているということです。

なぜ働けないのか、それは働いたことはあるけど、実際に働いてみて嫌な思いをしたり・・・

毎日決まった時間に起きて、決まった仕事をするのが、苦手だという人もいると思います。

また、仕事をしていると、嫌な人間関係などもあると思いますので、そういったもろもろを考えると働くことができない。

対人恐怖症で働けない!

また、過去にイジメを受けてから対人恐怖症になってしまい、社会に出るのが怖いとか・・・

それ以外にも、仕事で嫌な思いをたくさん経験したことで、心の病気になってしまった人もいると思います。

そういったことで働けず、結果的にニートになってしまった人もいると思います。

とにかく、何かの理由でニートになってしまい、それで楽しく暮らすというのは、難しいのではということです。

もちろん、楽しいの価値観は人それぞれですので、私の楽しいと他の人の楽しいの価値観は、違うと思います。

結局のことろ働くのが得策!?

そこで、楽しく暮らすには働いて安定収入を得て、仕事が休みのときに、好きなことをするのが得策かなと思います。

というのも、お金がなければ楽しいなどないことで、楽しいことをするには、何かとお金が掛かるからです。

例えばゲームをするには、電気代が掛かれば、ゲームソフトにもお金が掛かります。

また、外に散歩に行けば飲み物を買ったり、ときには何か食べたりするこもあると思います。

また、親に面倒見てもらっている、ニートはまだましな方で・・・

親がいない人や親に突き放されてしまった人は、生活するには否応(いやおう)なしに働くしかありません。

無職期間が延びる弊害

また、働かず無職期間が伸びることになれば、若いころなら取り返しがつくと思います。

しかし、無職が長い高齢者が仕事をしようと思っても、給与が安いバイトや派遣、運が良くて契約社員ぐらいしかないと思います。

それは、働かないことで後々、負のループに陥るということです。

ですので、お金がなくても楽しく暮らすなんてのは、後々のことを考えると、凡人には難しい選択だと思います。

そこで、働いていた方が、何かとメリットは多いと思います。

そして、お金がないとか収入源がないなら、楽しいことも大切ですが、普通に働くのが無難なのではと思います。

楽しいはお金があることが前提

それでも働きたくないというなら、お金がなくても楽しく暮らす方法を、選択するしかないと思いますが・・・

私には「お金がなくて楽しく暮らせるのか?」という疑問しかありません。

そして、働くことが善だとは思いませんが、働かないことが善だとも思いません。

そこで、普通に働くのでも副業でも、ある程度の収入を確保した方が、結局のところ楽しく暮らせるのではと思います。

もちろん、お金があるなら話しは別で、ニートでもセミリタイアでもリタイアでも、好きにすれば良いと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました