年金なんてアテにならないので払わないという若者は多い

スポンサーリンク

年金などアテにはならない!

年金がアテにならないという話しは、過去に何度も話題になったと思います。

最近でいえば「年金2000万円問題」などは、その代表的な話題の一つになると思います。

ちなみに、年金2000万円問題とは、老後の資金について年金とは別に、2000万円が必要になるという話しです。

そこで「そんな話は聞いてない!」とか「2000万円も貯められない!」など・・・

国民の多くから、老後に対する不満や不平や不安などが、爆発することになりました。

どうせ年金はもらえない!

そして、今の若者たちが思っていることは・・・

自分たちが年金をもらう年齢になっても「どうせ年金はもらえない!」と思っている人が、多いということです。

そこで「年金など払いたくない!」という若者は、少なくないと思います。

とはいえ、年金が破綻する可能性は、かなり低いと思います。(理由を書くと長くなるので、ここでは省きます。)

それでも、現状を考えると支給される年金が、減額されるなどの可能性は高いと思います。

年金は払った方が良いと思う

しかし、それを加味したとしても、年金は払っておいた方が良いと思います。

その理由は、老後の資金を考えたときに、年金のことを加味した方が、老後の資金について考えやすいからです。

例えば、年金を払っていなければ、年金を免除などしていない限り、年金をもらうことはできません。

そこで、年金はないものとして、老後の資金を準備しなければなりません。

しかし、年金を払っていれば年金を加味して、老後の資金を準備できますので、楽だということです。

減額されても年金があるのは大きい

もっといえば、現在の国民年金の支給額は、満額で月々「約6万5000円」になります。

それが、仮に減額されたとして、支給が6万円になったとしても、さらに少ない5万円になったとしても・・・

年金をもらえるのと、年金をもらえないのとでは、老後の資金計画などに、大きな差が出るということです。

そして、年金だけに老後を頼るのは難しいということを、まずは理解すべきだと思います。

その上で、ある程度の老後の資金を、自分で用意する必要があると思います。

老後破綻が待っている!

そう理解して、若いころから老後の資金を準備していれば、資金的に老後の不安は少なくなると思います。

しかし、年金のことを考えず、年金を払わず、老後の資金のことも考えなければ・・・

老後に待っているのは「老後破綻」しかないと思います。

とはいえ、老後の資金を準備するといっても、収入的に難しい人もいると思います。

さらに、老後の資金を潤沢に準備できる人は良いですが、実際にはそうではない人が大半だと思います。

最後に

そこで考えるのが年金で、足りない老後の資金を補うには、年金があれば資金的に助かると思います。

そういった意味でも、上記に書いたように・・・・

年金はアテにはならないから払わない!などといわずに、払った方が良いと思います。

しかし、年金が将来減額されるのは、ほぼ確定だと思います。もしくは、支給年齢が上がる可能性もあると思います。

その辺を考慮して、老後の資金を準備する必要があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

年金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました