どこぞの金融担当相が年金受給について記憶がないだとさw

スポンサーリンク

年金受給は秘書任せで記憶がない

麻生太郎金融担当相は、14日の衆院財務金融委員会で、自身が年金を受給しているかどうかについて「秘書に任せている。任すと言った以外、正確な記憶がない」と述べた。

麻生氏は、質問が通告にはなかったと弁解。その上で「年金がいくら入ってくるか心配したことがあるか、自分の生活として心配したことがあるかというとございません」とも話した。

質問した人は、金融担当相になるぐらいだから、自分の年金受給について、さすがに把握しているだろうと思い、質問したらしいのですが・・・

金融担当相からの返答は、上記に書いた通り「秘書に任せている」「正確な記憶がない」との回答だったそうです。

庶民の暮らしを把握することも仕事だと思う

現在65歳以上の人は、年金で生活している。もしくは、年金を生活費の当てにしている。という人が大半だと思います。

そこで、年金の支給額について、正確な数字でなくても、大よその支給額は、把握していると思います。

そして、支給された年金から、生活費などに使えるお金を計算して、大切に年金を使っていると思います。

そういった庶民の暮らしぶりを把握するのも、麻生金融担当相の仕事だと思います。

しかし、カップラーメンの値段を400円といってしまう人ですので、庶民の暮らしを全く理解していないと思います。

現実味が無い語り

麻生金融担当相は、自分の年金を秘書任せで全く把握せず、庶民の暮らしぶりも理解せず、年金云々に語っているのですから・・・

そういった人が語る年金云々については、多くの人が不信感を持つと思います。

それは、年金が無くても困らない人が、年金制度の問題をいくら語ってみても、全く現実味が無いということです。

とはいえ、自分の年金のことを全く把握していなくても・・・

金融担当相として、しっかり仕事をしてくれているのなら、それでも良いと思います。

しかし、現状を見ると金融担当がしっかり仕事をしているとは、到底思えないと思います。

最後に

そんな人が、年金の財源が足りないなどの理由から・・・

消費税の増税を強引に進めようとしているのには、違和感があるとしかいえない。

また、年金については、明らかに世代間格差があるにもかかわらず、放置し続けている国の責任は非常に大きいと思う。

そして、そういった党や議員を選んでしまった、私も含めた国民にも責任があると思います。

結局、老後の資金は国や年金に頼らずとも、全て自分で何とかできれば、それが一番良いのだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました