食費1日2000円では足りない減る年金支給額

スポンサーリンク

減る年金支給額

以下、ある記事からの抜粋になります。

ひと月あたり12万円の年金支給を受けている伊藤さん。この日はスーパーで買い物を済ませてから帰宅。

築77年の一軒家で、一人暮らしを続けています。

伊藤さんは早速買ってきたワインを開けると、紅茶で割って即席の「ワインティー」を楽しみます。

伊藤さん:「あぁおいしい」(Q.一番の生きがいですか?)「うん、そうだね。今のところ。」

食費は1日2000円以下にしないとダメだな。

(Q.年金は月にどれくらい残る?)「残らないよ。残らない。残ったアレなんてないよ。」

伊藤さんの現在の悩みは、老朽化が進んだ住宅。

伊藤さん:「雨漏りがして困るから、大変だよ」

雨漏りしだしたのは半年前から、生活に余裕ができれば直したいと話していました。

食費1日2000円では足りない!?

上記を読んでこの方は、一軒家に1人で住んでるってことは「持ち家」なんだと思う。

それをして(家賃無料)、月12万円の年金支給で足りないって、どんな生活してるのかな。

確かに月12万円が十分満足な生活費かと言われるとそうではないと思うけど、それでも普通に暮らせない額ではないと思う。

そもそも食費1日2000円って、現在フルタイムで働いている私より多いんだけど!

年金生活(無職)で時間があるんだから、自炊すれば1000円切ることも可能だと思う。

この方はそう言った努力と言うか節約はしてるのかな。

だから年金支給額が減らされて、1日2000円の食費で苦労してるとか言われても、共感できないしされないと思う。

恵まれてると思う

30年前の国民年金の支払いは「8000円」でした。現在と言えば「16000円」を超えます。

要は国民年金の支払いは、30年前と比べて「2倍以上も増えた」と言うことです。

そして、国民年金は現在貰っている人も今後貰える人もほとんど変わらず、むしろ今後国民年金を貰う人は減る可能性が大だと思います。

それを考えると今年金を貰ってる人って、相当恵まれてるんだよね。

さらに、国民年金の支払いが少なかった分、浮いたお金を貯蓄に回していれば、年金+貯蓄などで普通に生活できたと思うけど。

もちろん今と昔では給与や物価などが違うので、一概には言えないけど。

それでも私が最初に勤めた30年前の初任給は20万円で、今とそれほど変わらないと思います。

最後に

誰だって年金を減らされるのは嫌ですし、できれば少しでも多く貰いたいと言うのが、本心と言うか心情だと思います。

ただそうは言っても「ない袖は振れない」ってのが、今の年金の現状だと思います。

そして、年金支給額を年々減らされて大変だ!と言う記事を多く読むのですが…

大変かどうかの判断は人それぞれだと思いますが、それでも食費1日2000円で大変と言われても、納得できないと言うか共感できないですね。

そこで、節約などして生活費を切り詰めることが必要で、それをせず年金が足りないと言われても「だから何なの?」って思ってしまいます。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました