年金を普通に受け取るか繰り上げるか繰り下げるかの問題

スポンサーリンク

年金について

年金については、多くの人が将来の年金を当てにしていると思います。

そして、年金を老後の生活費として、貰えるものと見込んで考えていると思います。

しかし、何歳から年金を支給するか、それを考えている人は少ないと思います。

というのも、年金の支給については、65歳から支給されると知る人は多いと思います。

しかし、年金の支給年齢を繰り上げたり、繰り下げたりできるのを知らない。という人もいると思うからです。

年金の繰り上げとは

まず、年金の繰り上げとは、開始を60歳~65歳の間で、月単位で選べる制度です。

年金は、基本的には65歳から支給が始まりますが、早くから支給してもらうことが可能だということです。

そこで、60歳から年金を支給してもらった方が良い。と考える人もいると思います。

しかし、60歳から年金を支給してもらうデメリットもあります。

それは、仮に60歳から年金を支給してもらうと、本来もらえる年金が「30%」も「減額」されてしまいます。

年金の繰り下げとは

一方、年金の繰り下げとは、年金の開始を66歳~70歳の間で、月単位で選べる制度です。

それは、上記の年金の繰り上げとは、逆の制度になります。

そして、本来ならば65歳から支給される年金を遅らせますので、一見すると損してしまうように思います。

しかし、年金の繰り下げにはメリットがあり、仮に70歳から支給にすると・・・

通常もらえる年金額に「42%」も「加算」した額を支給してもらえます。

どらが良いかは一長一短

まとめると、年金を60歳から支給すると、年金の支給は5年早くなりますが、30%減額されることになります。

一方、年金を70歳から支給すると、年金の支給は5年遅くなりますが、42%増額されます。

そして、問題は65歳から普通に年金をもらうのと、上記の繰り上げと繰り下げのどれが良いのかということです。

それは、どの制度にも一長一短があり、どれが良いとは一概にいえません。

その理由は、自分が亡くなる年齢は不明だからです。

慎重な判断が必要

例えば、65歳で亡くなるとしたら、年金は60歳から支給してもらった方が得です。

しかし、80歳まで生きるとしたら、70歳から年金を支給してもらった方が得になります。

そこで、上記にも書きましたが、自分が亡くなる年齢は不明ですので、どれが良いとは一概にいえないということです。

それ以外にも、年金を繰り上げたり繰り下げたりすることで、本来使える制度が使えなくなることもあります。

そこで、年金を繰り上げるにしろ繰り下げるにしろ、慎重な判断が必要になります。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

年金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました