人生最大の失敗はパチスロに出会ってしまったこと。

スポンサーリンク

いまさら規制とか遅い!

最近規制ばかりで存続が危ぶまれているパチンコ&パチスロですが…

そもそもの話し、もっと早くから規制すべきだったことで、いまさら規制とか遅せんだよ!と思います。

昔は、その手の業界に繋がっていた議員が多くいたので、規制したくてもできなかった?

むしろ、献金などのことを考えたら、無視を決め込むのが一番だと思い、規制すらしなかったのだろう。

結果、ギャンブル依存症を大量に生み出し、今でもギャンブルが止められず、依存症に苦しんでいる人が多くいます。

かつては、私もギャンブル依存症に苦しみ、多くのお金をパチスロで失いました。

もしあの頃に規制が入っていたら、多くのお金を失わずに済んだのにと思うと、パチスロをやったことを後悔しています。

昔のパチンコ&パチスロ

昔のパチンコやパチスロは、1日で10万円とか20万円とか、負けるのが普通にありました。

その逆もありきで、1日で10万円勝つとか、20万円勝つとかもありました。

その20万円と言ったら、普通に1ヶ月働いて得る給与と同じぐらいの額で…

それが足ったの1日で稼げるとなれば、ドハマりする人が続出したのが、簡単に想像できると思います。

そして、ドハマりした人がしたことと言えば、負け分を取り返そうとして、その日もらった給与の全てを突っ込んだり…

お金がない人はキャッシングして、借金してまでやる人もいました。

今では想像できないと思いますが、昔はそう言った人が多くいました。

人生最大の失敗

過去のブログに何度か書いているので、知っている人もいるかもしれませんが…

私は学生のころにパチスロと出会い、そのことで学生時代を無駄に過ごしてしまいました。

平日の日中は授業に出て、午後から授業がないときはパチスロを打ち、夜から朝までバイトをして、朝少し寝てからまた授業に出る。

そんな感じだったので、授業中は寝ていることが多く、大学が休みの土・日・祝は、朝からパチスロを打っていました。

バイト代の全てをパチスロで失い、そんな生活を2年間(大学3年から卒業まで)も続けていました。

ろくに授業を聞かず、大切な大学の2年間を棒に振りました。

そのことで、希望していた会社に受かることができず、仕方なく弱小会社に就職しました。

そして、その後もパチスロを続け、気付くと学生時代からのトータルで、2000万円ぐらい損してしまいました。

人生ボロボロ

また、就職先の会社が足ったの1年で傾いてしまい、1年働いただけで辞めざるを得ない状況になってしまいました。

パチスロではボロ負けするし、就職は失敗するしで、散々な目にあいました。

そこで思うのは「もしパチスロに出会ってなかったら?」と言うことです。

それでバラ色の人生だったとは決して思いませんが、それでも今の最低の生活よりかはマシだったと思います。

最低の生活とは、家族はいない未婚で、高齢になってまで、安給与の派遣で働いている。そんな感じのことです。

もしパチスロが日本に存在しなかったら、今よりマシな生活をしていたと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました