うつ病で働けず高齢の母が死んだら親子破産という共倒れ

スポンサーリンク

親子破産の悲劇

以下、ある記事の抜粋になります。

貧困問題において、家族はセーフティネットだった。

しかし今では、その家族の存在が足かせになり親子が揃って、共倒れしてしまう悲劇が起きている。

20代でうつ病を発症して以来、ほとんど家から出ない生活を続けるYさん(40代後半)。

東京郊外の一軒家で、高齢の母親と暮らす彼。

2か月に一度入る20万円の障害者年金と、約4万円の母親の年金が収入のすべてだ。

最後に働いたのは10年以上前

税金や母親の病院代、光熱費や通信費を払ったら、手元にはほとんど残りません。

今は母親の年金があるからいいけど、それがなくなったら生きていけるのか…。

最後に働いたのは、10年以上も前のこと。

倉庫作業の派遣バイトだったが、病状の悪化でそれすらもできなくなった。

父親は十数年前に蒸発し、近所に嫁いだ姉も経済的に厳しいので頼ることができない。

これまでは、母親が家事や身の回りの世話をしてくれていたが、最近は年齢的にそれも難しくなってきたと悩む母。

家事に手を出すことはない

年のせいか物忘れもひどくなって、体中が痛むので毎日のように病院に行っています。

息子からは、医療費もバカにならないといわれるのですが、息子のなかでは「元気だった頃の母親像」のまま止まっているんです。

それでも週に2、3回は手押し車を使って、近所のスーパーに食材の買い出しに向かう母。

そんな光景にも慣れてしまったのか、Yさんが家事に手を出すことはほとんどない。

自宅は2階建ての一軒家。

リビングにパソコンを持ち込んでいるYさんは、一日の大半を四畳ほどのスペースで過ごす。

母より先に死にたい

母には申し訳ないと思いつつも、死なれたら僕は間違いなく生活できない。だから自分が先に死にたいと思っています。

そんな息子に対し自立してほしいと願いつつ、それでも一緒に暮らしていることが大事なんですと母は語る。

経済的にもどちらかが欠けたら、今の暮らしさえできなくなります。

それ以上に生活に張りがなくなって、私は寂しさに絶えられないと思うんです。

自分の老後のことより、私に何かあったらあの子が一人で生きていけるのかが心配で…。

幸い家のローンは完済しているので、生活保護だけは受けずになんとか家を守りたい。

少し甘え過ぎなのでは

上記を読んで、病気なのはわかりますが高齢の母親のために、家事ぐらいは手伝ったらよいと思いました。

また、一日中パソコンをやれる体力とか能力などがあるなら、フルタイムでなくても短時間でも良いので、働けるのではと思いました。

もしくは、そういった人のために、作業所(就労支援施設)などもありますし。

また、障害者年金が2か月で20万円で、さらに持ち家なら、最低限の生活はできるのではと思います。

そこで、うつ病のことを理解してない私がいうのもですが、社会に対しても母親に対しても、少し甘え過ぎかなと思いました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました