高齢無職の収支は赤字の現状と赤字の穴埋めはどうしているのか?

スポンサーリンク

高齢無職の生活費は毎月赤字

2017年に、高齢無職「世帯」の支出を調査したところ「月26万程度」になったそうです。

一方、年金などの収入は「月21万程度」で「月5万以上」足りない状況で赤字になるそうです。

また、高齢無職「単身」の場合は、支出は「月15万程度」になったそうです。

一方、年金などの収入は「月11万程度」で「月4万以上」足りない状況で赤字になるそうです。

ということは、高齢無職の多くは、世帯があるとか単身とかに関わらず、毎月4~5万の赤字で生活しているということです。

貯金がなければ生活できない。

そして、毎月の収支が赤字になったとしても・・・

貯金などの蓄えがあれば、貯金を取り崩したりなどで、生活することはできると思います。

また、貯金がそれほどなくても、株の配当や家賃収入があるなど、何かしらの収入があれば、毎月赤字でも生活することは可能だと思います。

しかし、貯金もなければ収入源もないという人は、それでは生活することができません。

そこで、貯金も収入源もないという人は、一体どうしてるのかというと・・・

高齢になても働くしかない現実

それは、基本的に「働くしかない」ということになると思います。

そこで、毎月家計が赤字でさらに貯金などの蓄えがないという人は、働くことで毎月の生活費の赤字を穴埋めしているそうです。

そして働くといっても、定年退職後に別の会社で働く人もいれば、再雇用という形で、同じ会社で延長してもらい働く人もいます。

また、お金に余裕がある人や、お金を借りること(借金)ができる人の中には「起業する」という人もいるそうです。

高齢での起業はリスキーだと思う。

そして、起業すれば年齢に関係ななく働き続けることができますので、高齢でも働く場所の心配をする必要がなくなります。

しかし、起業すれば成功することもありますが、失敗する可能性の方が大きく、そのときには、多くの借金を抱えてしまう。ということもあると思います。

そうなると、場合によっては老後に安泰な生活云々などとは、いっていられなくなることもあると思います。

ですので、高齢での起業はリスクが高いことを、承知する必要があると思います。

一方、起業して失敗したとしても若ければ、働くことなどで挽回できるチャンスは、いくらでもあると思います。

世の中は厳しい。

とにかく、年金をもらうよな高齢になったからといって、老後は安泰とは行かず、毎月赤字で暮らしている人も多いということです。

そこで、定年退職後も働き続けるという人は多く、高齢になっても働き続けることなど、私には無理な相談だと思うも・・・

無い袖は振れないというか、お金がなければ働くしかありませので「世の中は厳しい」と思っている次第です。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ