老後に働ける職業であまりおすすめしない仕事の実態について

スポンサーリンク

老後の心配といえば?

老後の心配といえば、一番は「老後資金」の問題になると思います。

老後資金とは、老後のために使う貯金などの資金(資産)のことになります。

その資金については、日々の生活費はもちろんのこと、家賃、医療費、冠婚葬祭、娯楽、趣味など、いろいろなことに使うことになります。

そこで、老後資金が十分にない人は、老後に働くという選択をせざるを得ないと思います。

老後に働ける職業は限られる。

しかし、老後に働くといっても老後に働ける職業は、年齢的に限られると思います。

さらに、年齢的な問題から体力的だったり精神的だったり、辛い職業は厳しいと思います。

そこで、老後に働ける職業について、あまりおすすめしない仕事の実態を少し紹介したいと思います。

ただし、あまりおすすめしないといっても、その職業がダメだといっているわけではなく、人により向き不向きがあると思います。

警備員(交通誘導)

警備は、老後の職業の定番で、老後の仕事としてやる人は多いと思います。

その理由は、人材が不足していることで、安く使える高齢を多く採用しているからです。

そして、警備員でも施設警備(ビルやマンションなどの警備)は良いと思います。

しかし、交通誘導警備といわれる旗振りは、工事現場などの前で車の誘導などをする警備になり、あまりおすすめしません。

その理由は、立ちっぱなしで路上などの警備をしますので、夏は暑く冬は寒いといった、老体には体力的に辛い仕事だからです。

また、車の誘導を少しでも間違うと、事故を起こしたり怒鳴られたりしますので、精神的にも大変になると思います。

マンション管理人

これも老後の仕事の定番になると思いますが、マンション管理とは、その名の通りマンションを管理する仕事になります。

仕事の内容は、来客した人の案内、不在者の荷物の受け取り、工事などの立ち合い、マンション内外の清掃などになります。

そして、普通に仕事をこなす分には、特に問題ないと思います。

しかし、住人の中には「クレーマー」といわれる人もいますので、そういった人がいるマンションだと、途端に大変になります。

ですので、配属されるマンションによりアタリハズレがあり、アタリに配属されれば問題ないと思いますが、ハズレだと大変になります。

清掃員

老後にする職業の中で一番無難というか、求人が多くあり仕事として取り掛かりやすいのが、清掃の仕事になると思います。

仕事の内容は、床の清掃から、ゴミの回収、トイレの清掃などになります。

また、一日3時間前後の仕事が多く、老後の仕事としては時間が短く良いと思います。

ただし、会社にもよりますが、時給が安かったり交通費が自腹だったりで、それほど稼げない可能性があるのが、難点になると思います。

最後に

どの仕事も一長一短があり、上記の仕事が決してダメだということではないです。

それは、配属される現場だったり、人間関係や仕事の内容などで、体力的にも精神的にもやりやすい職業もあるからです。

また、人により向き不向きがあり、一般的に大変だといわれている仕事でも、人により楽だと感じる人もいると思います。

とにかく、老後にできる職業は限られると思いますので、その中でも自分にあった職業を選ぶことが重要になると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ