桐谷さんがいう最強の老後資金づくりってどうなのかな?

スポンサーリンク

桐谷さんとは

桐谷さんとは、株主優待を活用した生活で注目を浴びている、将棋棋士になります。

そして、現在は将棋よりも優待株など、投資家としての方が有名だと思います。

そんな桐谷さんいわく、老後が心配という声はよく耳にします。

投資を始めるにも、何から手をつければいいかわからない、という人も多いでしょう。

そんな人に私が迷わずオススメしているのが「優待株の分散投資」です。と語っています。

桐谷さんが優待株を推す理由

桐谷さんが、なぜ優待株を推すのか?

それは、例えばオリックスは、現在約16万円で購入できますが、年に1回5000円相当のふるさと優待を受けることができます。

これと配当を合わせると、年間9%相当の利回りになります。

そして、年間9%の利回りといえば、かなり高い利回りになると思います。

銀行にお金を預けても、3000万円で2400円しか金利がもらえない時代に、このリターンは大きいと思います。

優待生活は楽しい

現在、3億円近く株式を保有する桐谷さんの自宅には、毎日のように企業からの優待が届く。

その消費に追われる生活が楽しいとのことです。

そして、優待が期限切れになってはもったいないので、一日のスケジュールは、優待を軸に立てているそうです。

私自身、優待クロスを今年の3月から始めて、桐谷さんのように毎日ではありませんが、優待が届くと嬉しいと思います。

そして、中身を見る瞬間が楽しくて、優待が来るのをワクワクしながら待っています。

株価が下がれば元も子もない

そして、上記のオリックスの利回りを見ると、確かに良いと思います。

そこで、優待株を買えば優待が貰えて配当も貰えて、バンバンザイのように思います。

しかし、優待を貰えたとしても株価が下がってしまっては、貰った優待以上の損失になる場合があります。

また、優待や配当については、会社の業績や株価が下がると変更したり、場合によっては、廃止になることもあります。

そこで、優待や配当をもらったとしても、優待株を買ったことで損することもあります。

悪くない選択だと思います。

また、上記のオリックスの株価を見ると、一時は2000円を超えていた株価が、現在は1650円前後になっています。

そこで、仮にオリックスの株を1株2000円(20万円)で買った人は、すでに3.5万円も損している計算になります。

それでは、優待や配当をもらったとしても、割に合わないと思います。

そこで、優待株に限らず投資全般にいえることですが、投資にはメリットもあれば、デメリットもあるということです。

とはいえ、老後資金づくりに優待株で分散投資するのは、最強とは思いませんが、悪くない選択だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

投資・株
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました