手取り20万円の派遣社員でも老後を乗り切れるのか?

スポンサーリンク

派遣社員で悩む老後資金

以下、ある記事の抜粋になります。

老後資金について悩む、派遣社員として働く40代後半の女性。

少ない資金で老後を乗り切る方法を知りたい。

まとまった貯蓄はあるが、今後どれだけ働けるかがわからず、できれば実家に戻りたいが、それも不確定とのこと。

大学卒業後、5年近く個人事業主をしたのち派遣社員をしています。

派遣社員になったタイミングで厚生年金に加入しましたが、20歳から個人事業主をしていた計7年間の年金が未納です。

65歳まで働けるか不安

また、派遣社員のため65歳まで職があるかも不安です。

将来は実家に戻りたいと考えておりますが、妹が相続する予定のため確実ではありません。

順調に行けば65歳までに、2000万円は貯められると思いますが、それ以上大幅に増える見込みはありません。

少ない年金と貯金で老後を乗り切る方法が知りたい。

個人的には、ローン完済済みの実家と公務員の妹がおります。

そこで、その妹と同居できれば年金が少なくても、生活は十分可能と考えております。

無駄遣いせず節約すれば…

上記を読んで、仮に手取り20万円で60歳まで働けば…

多くの老後資金は無理だと思いますが、それなりに蓄えはできると思います。

例えば節約して生活費を10万円に抑えれば、残りの10万円を貯蓄に回すことができます。

そうすれば年間で120万円、それを10年間続けると1200万円、さらに長く続ければ1300万円1400万円と増えることになります。

また、60歳以降も働くことができれば、老後資金を減らすことなく、65歳に年金が支給されることになります。

そう考えると、いかに生活費を安く抑えることができるか、長く働き続けることができるか、それが鍵になると思います。

それ以外では、株などの投資で増やすことも可能で、上手く行けば老後資金を大幅に増やすことも可能です。

副業という選択

さらに、老後資金が不安というなら「副業」という選択もあると思います。

例えば、仕事終わりにバイトをするとか、仕事が休みの土・日・祝にバイトをするとか…

それをいうなれば「ダブルワーク」ということになります。

ただそうなると、時間的にも体力的にも精神的にも大変だと思いますので、覚悟が必要になると思います。

もしくは、ありがちなのが「アフィリエイト」(ネット広告)で稼ぐなどありますが…

アフィリエイトで稼ぐのは難しく、時間をかけた割には稼げないとか、労力の割には収入が少ない人が大半です。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました