お金を使えない症候群の人は人生の多くを損しているとは?

スポンサーリンク

お金を使えない症候群とは

お金を使えない症候群とは、以下のような人のことをいうそうです。

・買い物をして「買っちゃった~」と後悔する。

・パン屋さんで食べたいパンより安いパンを選ぶ。

・着ている服は全てバーゲン

・できるだけおみやげは買いたくない。

・タダで済ませる方法を常に考えている。

・1ポイントでも多く集めたいと思う。

・お金を貯めるためなら我慢できる。

上記のことで1つでもYESがあれば、お金を使えない症候群の素質が十分にあるそうです。

人生損している。

なぜ、お金を使えない症候群の人は、人生の多くを損しているのか?

それは、お金を使えないことで、やりたいことができなくなることが多くあるからです。

それを上記の例からすると、買い物の場合、安く買えないことで買わずに我慢したり、代用品で我慢したりするからです。

そのことで、本当にやりたいことをやらないことで、人生損しているというわけです。

確かにそれは一理あると思います。

好きなことばかりでは破産する。

しかし、誰しもお金が無尽蔵にあるわけではないと思います。

そこで、やりたいことを全てしていては、お金はすぐになくなってしまいます。

例えば、行きたい旅行に何度も行ったり、食べたい物を毎回買っていては、お金はすぐになくなってしまうということです。

ですので、お金を使えない症候群の人は、人生損しているかもしれません。

一方で、お金を使わないことで、将来のためにお金を備えたりなどができ、その方が有意義だと考える人もいると思います。

一体どうしたらいいのか?

では、一体どうしたら良いのかということですが・・・

私が思うに、必要なときはお金を使えば良いし、不必要なことには、お金を使わなければ良いと思います。

そして、必要と不必要は人により違いますので、コレだと断定することはできません。

それは、食べることが好きな人は、食費にお金を掛ければ良いと思いますし・・・

オシャレが好きな人は、食費は抑えてファッションにお金を掛ければ良いと思います。

メリハリが大切

ようは、お金を使う使わないで、メリハリを付ければ良いということです。

それは、必要なことにお金を使い、無駄なことには、お金を使わないということです。

そうすることで、好きなことはできますし、無駄な出費は抑えられますので、人生損することもないと思います。

ですので、お金を使えない症候群の人が、決して悪いというわけではなく、考えてお金と使うことが大切だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ