お金は墓場にまで持って行けないのでお金を貯めるのは無駄なのか?

スポンサーリンク

お金は墓場にまで持って行けない。

生活を切り詰めて節約して、友達や知り合いなどからの誘いも断り・・・

趣味や好きなことを制限して、例えば一億貯めたとしても亡くなってしまえば、その貯めたお金を墓場にまで持って行けません。

そんなことは、誰にいわれることもなくわかると思います。

それならば、生きているうちにお金は使ってしまって、老後はお金がないなりに、適当に暮らして行ければ良いのではと考える。

ですので、お金は使うことが大切だという。果たしてそうなのか?

お金がなければ苦労する。

しかし、何かがあって急にお金が必要になった場合には、どうしたら良いのか、お金がなければ苦労することになります。

そこで、そんな苦労はしたくないと思い、多くの人はもしものときに備えて、お金を貯めていると思います。

しかし、日本人は亡くなるときが一番のお金持ちで、平均すると「3000万」ものお金を残して命を終えるといいます。

それは、生きている間にしか使えないお金を貯めたまま、亡くなるということです。

お金は使ってこそ価値がある。

お金は、使ってこそ価値があるものです。そして、使わずに貯め込んでいても、それはただの紙切れを貯めているに過ぎません。

しかし、そうと頭ではわかっていても、貯めてしまうのがお金です。

それは、上記に書いたように、もしものときのことを考えると、お金がない状態にはなれないからです。

ですので、仮に自分が亡くなる年齢がわかれば、その年齢に合わせて、お金を使い切り亡くなることができると思います。

しかし、そんなことはできない相談です。

人はなぜお金を貯めるのか?

人はなぜお金を貯めるのか、それはお金を貯めることで、精神安定剤的な効果と同じで、あればあるだけ安心するからだと思います。

ですので、お金を貯めることを止めたくても止めることができず、一生に渡りお金を貯め続けることになります。

そして、お金を貯めるだけの人生が、果たして良いのかと考えると、私は決して良いとは思いません。

しかし、お金があることで安心して生きられるのは、私にとって大きなことです。

お金は精神安定剤と同じ

それは、お金あるからこそ、セミリタイアのことも考えられるし、将来の見通しなども立つと思うからです。

そして、お金があるから投資もできるし、旅行に行くこともできるし、病院に行くこともできるし、買いたい物も買うことができます。

ですので、確かにお金は墓場までは持って行けませんが・・・

お金に対する不安を解消するための精神安定剤として、ある程度の蓄えは必要なのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ