10万円の現金給付は何に使うべきかの当たり前すぎる内容にビックリ!

スポンサーリンク

10万円の現金給付

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、生活支援策として「国民1人当たり10万円の現金給付」を行う意向を示しました。

自粛生活に終わりが見えない今、現金10万円が給付されたら、どのように使えばいいのか悩んでいる人も少なくないようです。

そこで今回は、給付金を何に使うか迷っている人に向けて、ファイナルプランナーの筆者が4つの使い道を提案します。

以下、一律10万円の現金給付、使い道4選になります。

生活費を補てんする

仕事が在宅勤務となったり、やむを得ず休業となったりし、収入が減少した人は非常に多くいると思います。

また、このタイミングで4月には、食料品などの値上げが相次いでいます。

自宅で過ごす時間が増えたことで、食費や水道光熱費などの支出も増えていますし、生活費のやりくりが難しいと感じるものです。

そういった場合は、まずは給付金を生活費の補てんにしたいところです。

自粛の長期化に備える

自粛が長引く可能性を踏まえ、快適に「巣ごもり」できるアイテムを買い足してみてはいかがでしょうか。

意思表示ができる年齢の子どもには、本人に使い方を決めさせてあげるのもいいでしょう。

子どもが喜ぶなら好きなおもちゃを買い、自粛生活を少しでも楽しいものにしてあげてはいかがでしょうか。

乳幼児には、おもちゃのサブスクリプションがおすすめです。

※ サブスクリプションとは、年齢に合ったおもちゃを定額で借りられるサービスです。

その他

テレワークを快適にするために使う

給付金を使って、テレワークしやすい環境を整えておくのもいいでしょう。

PC用の机や書斎周りのアイテムを買い揃えるなどして、自宅の一部をテレワーク仕様にしておくと便利です。

寄付や店舗の応援に使う

困難な環境にある人のために、給付金を寄付してみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスに対する緊急支援を、様々なNGOやNPOが募っています。

または、行きつけの飲食店のテイクアウトのサービスを利用するなどで、営業継続の応援が可能になります。

最後に

上記を読んで思ったのは、当たり前すぎる内容で、記事として書く意味があったのかな?と思ってしまいました。

私が上記を読んだ理由は、何か特別な使い道があるのかと思い、試しに読んでみたのですが…

生活費の補てんとか、今後に備えるとか、それは誰もが思うことだと思います。

そして、誰もがそう思うことを改めて記事にしてみても、あまり意味がないのでは?と思ってしまいました。

そして、当たり前すぎるの内容の記事に…

世の中には、そういった記事が必要な人もいるのかと思い、そのことにビックリしてしまいました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました