時間の自由を手にできるノマドワーカーとセミリタイアは似ている。

スポンサーリンク

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーとは、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使い・・・

Wi-Fi環境のある喫茶店など、通常のオフィス以外のさまざまな場所で、仕事をする人を指す日本語の表現です。

そして、ノマドワーカーが働く場として、代表的な例として多くいわれるのが、スターバックスなどになります。

また、そのような働き方を「ノマドワーク」といいます。

ノマドワーカーの職業は、記事を書くライターとか、ブログから広告収入を得るブロガーなどが挙げられます。

ネットで稼ぐことが可能

インターネット技術やクラウドサービスは常に発展しています。

そのことでより幅広い人々が、ノマド的な働き方をできるようになりました。

そして「ネットで稼ぐ」という収入形態が可能になりました。

また、パソコン1台とネットにつながる環境さえあれば、収入を得ることが可能になりました。

そこで、ノマドワークをする人は、現在増えつつあるといいます。

とはいえ、ノマド的な働き方ができる人は、限られた人だけになると思います。

ネットで稼ぐのは難しい

自由に使えるお金があっても、多忙で家族と過ごす時間がなければ、自由度は低くなります。

反対に、時間が多くあったとしても、お金がなければ不自由になります。

ノマドワークは、そのような問題を解決する手段になります。

とはいえ、実際にノマドワークをしようと思い、例えばブログを書いたところで、その収入は微々たるものです。

それは、ネットで稼ぐということは、それだけ難しいということです。

ノマドワークのメリットとデメリット

また、ノマドワークは会社に属さない、自営業と同じような働き方になります。

そこで、会社に属さないことで、相応の高いリスクがあります。

それは、安定的な収入を得られない、福利厚生がない、世間的な評価が低いなどがあります。

その一方で、ノマドワークをすると、時間的な制約が少ない、無駄な人間関係がない。

自分でお金を稼いでいる感を味わえる。などのメリットがあります。

ノマドワーカーになるのは難しい

ノマドワーカーといえば、好きなときに仕事をして、好きなときに休むことができる。

そういったことで、時間的な自由度は高く、聞こえは良いと思います。

しかし、ノマドワークで稼ぐことは、相当難しいと思います。

それは、例えば私は現在ブログを数個書いているのですが、その収入は労力の割には、かなり少ないです。

むしろ、ブログなど書かず普通に働いた方が、収入としては多く得ることができます。

最後に

私がブログを書いている理由は、趣味で書いている部分が大きいです。

そして、ブログで相応の収入になるのなら、すぐにでもセミリタイアしたいと思っています。

しかし、セミリタイアできるほどの収入には、程遠いのが現状です。

そして、時間の自由を手にできるノマドワーカーと聞くと、聞こえは良いと思います。

しかし、ノマドワークを実際にやってみても、特別なスキルでもない限り、相応の収入を得るのは難しいと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました