どちらも働いてないニートと家事手伝いの違いと女性ニートについて

ニートと家事手伝いの違い

ニートとは、15~34歳の非労働力人口の中から、家事も通学もしていない無業者で、求職活動もしていない人のことをいいます。

一方、家事手伝いとは、炊事・洗濯・育児など、家庭生活に必要な仕事を手伝っている人のことをいいます。

さらに厳密にいうと、ニートは基本的に働く気がない人で、家でも何もしない人のこと。

一方、家事手伝いとは、基本的に働く気はありますが、家庭の事情などで、外で働けない人のことをいいます。

例えば、親の代わりに家事をしている、兄弟の面倒を見ている、親の店を手伝っているなど、そういったことになります。

それが、ニートと家事手伝いの基本的な違いになります。

ニートはネガティブ、家事手伝いはポジティブ

ニートというと、ダメな人とか怠け者とか「ネガティブ」なイメージで使われることが多いと思います。

一方、家事手伝いというと、家のことをいろいろと手伝っているということで・・・

ニートに比べると「ポジティブ」なイメージで使われることが多いと思います。

しかし、そのどちらも外で収入を得る。という働き方をしていません。

そこで、どちらも無職ということで、そういった意味では、立場的に同じような感じになると思います。

家事手伝いは女性のみ使える特権

世間一般では、家事手伝いというと、基本的に「女性」が使う言葉になると思います。

そして、男性で家事を手伝っていても、家事手伝という男性はいないと思います。

そこで、男性が家事などの手伝いをしているとなると、ニートもしくは引きこもりといわれることになります。

しかし、女性の場合は、家事手伝いで世間的に通ることになります。

そういったことなどを踏まえると同じ無職でも、女性の方が優遇されているということになると思います。

女ニート、女性ニート

しかし、それは少し前の話しで・・・

今は、女性が家事手伝いといっても、言葉的に通用することは少なく「女ニート」とか「女性ニート」と呼ばれるそうです。

そして、ニートというと働いてないということで、下に見られるというか、バカにされることも多いと思います。

それを回避するには、家事手伝いといった方が、働く気があるとかやる気があるとかで、世間的に通用すると思います。

最後に

昔は、女性が結婚したら、家庭に入るものだとされていました。

そこで、家庭に入ったときのために、家事などを事前に覚えておけば、結婚後に役に立つということで・・・

家事などを覚えるための言葉として、事手伝いという言葉が世間的に通用していました。

しかし、現在では女性の社会進出が多くなったことなどがあり・・・

家事手伝いという言葉は薄れ、仕事をしてない女性のことを、女ニートとか女性ニートなどと呼ぶそうです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました