2016年に日経平均は3万円超えという証券アナリストの記事

スポンサーリンク

2016年に日経平均は3万円超え!

ネットを徘徊していたところ、ある記事を発見しました。

その記事とは、2014年に書かれた記事で、2016年に日経平均は「3万円を超える」という記事でした。

2012年秋からの円安・株高は、アベノミクスによって引き起こされました。

しかし、安倍政権が誕生する2年以上も前に、この予想をしていた人がいたといいます。

それは、某大手証券会社の証券アナリストであるM氏

この方は、金融のプロが選ぶアナリストランキングでは、トップ3の常連になるそうです。

エリオット波動とは

そして、M氏がいうには、この円安・株高(2014年)は、起こるべくして起こったという。

なぜそのようなことがわかるのか?

それは、テニクニカル分析のひとつ「エリオット波動」から導かれたものだといいます。

エリオット波動とは、20世紀初頭に生まれた相場の波を分析する理論のこと。

強気相場と弱気相場の組み合わせ、というのが簡単な説明

つまり、繰り返された歴史などを元にすると、強気相場を示唆していることがわかる、というのがM氏の分析である。

日経平均チャート

上記の記事が書かれた2年後(2016年)には、日経平均が「3万円」まで上昇するという。

しかし、2016年の日経平均は上記を見ると、3万円を超えるどころか前年度を下回る、2万円も超えないレベルです。

全くの嘘ではないけど…

それでも現在の株価を見ると、2万3000円を超えていますので、全くのデタラメというか、嘘ともいえないと思います。

しかし、現在の日経平均は上記のチャートを見ると、3万円にはほど遠い状況です。

そこで、某アナリストの予想は、残念なことに「大ハズレ」ということになると思います。

そして、証券アナリストというと、この手の予想をする人が多くいますが…

そのどれもが丁半博打的な内容で、予想が当たることもあれはハズレこともある、といった感じだと思います。

そこで、証券アナリストの意見を参考にするのは良いと思います。

信じるか信じないかはあなた次第

しかし、参考ではなく全面的に信じてしまうと、痛い目に合うこともあると思います。

もちろんその逆もありきで、証券アナリストの意見を全面的に信じたことで、おいしい思いをすることもあると思います。

とにかく、良い悪いどちらに転ぶかは…

誰にでもできる簡単にいえば、丁半博打の予想でしかないというとです。

そして、今年もご多分に漏れず、日経平均が3万円を超えると豪語する、証券アナリストが多数存在しています。

それを信じるか信じないかは、あたた次第です!

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました