NHKは早くスクランブル放送を実施して欲しいですね。

スポンサーリンク

NKHはいらない

先週の参議院選挙で「NHKから国民を守る党」が、1議席を獲得しました。

そして、1議席ですので、大したことないとか、ショボイと見ることもできると思います。

しかし、今まであまり知られていなかった党が、1議席獲得した意味は大きいと思います。

その理由は、国民がNHKに対して「NO」を突き付けたということだからです。

また、一日でも早くスクラブル放送を実施して欲しいと考えている人が、多数いるということだと思います。

スクランブル放送とは

スクランブル放送とは、料金を支払う契約者だけが、受信できるシステムになります。

それは、放送事業者側で放送に電波を乱す暗号(スクランブル)をかけて、送信する方法になります。

そして、契約していない相手に対しては、画像が極端にゆがんだり、モザイクがかかったりした画面になります。

また、有料放送(ペイテレビ)事業者にとっては「タダ見防止」と、視聴者管理を兼ねるのが利点になります。

受信者側は、契約せず放送が見れないことで、料金を払う必要がなくなります。

NHKを見ることはない

ちなみに、私はNHKを見ることはありません。

そして、見ない放送に料金を払わなければならないことに、大きな疑問を感じています。

また、テレビを持っているとか、ワンセグがあるなどの理由で、強制的に料金を取られてしまうのは、おかしな話だと思います。

ですので、スクランブルをかけて、NHKを見る人だけが料金を払うのは、誰もが納得する方法だと思います。

しかし、多くの政治家や放送関係者などは、このことに対して否定的です。

NHKの存在意義が不明

なぜ、多くの政治家や放送関係者はなどは、スクランブル放送に否定的なのか?

それは、NHKがいつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく、伝えることを、基本的な役割として担っているからです。

しかし、それは表向きであって、民間放送でも見れる内容ですので、NHKの存在意義が、私には理解できません。

そんな疑問を持つ人が多くいる中で、立ち上がった党が「NHKから国民を守る党」ということです。

そして、早速NHKから嫌がらせを受けました。

それは、NHKが放送する日曜討論などについて、NHKから国民を守る党は、招請しない可能性があると言及しました。

時代遅れのNHK

私は、NHKのみならず民間放送を見ることも、ここ数年で大きく減りました。

その理由は、ネットで動画(ドラマや映画など)を見たり、情報についてもネットで知ることができるからです。

また、地震などの災害が起きても、それもネットで知ることができます。

そこで、NHKを見なければ情報を得られない人が見るのが、NHKということになると思います。

また、多くの人から強制的に料金を徴収するなど、不公平極まりない制度と言わざるを得ないと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

政治・経済
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました