新卒での就活失敗を今もなお引きずる非正規雇用者の実態

スポンサーリンク

私も新卒で失敗した口です。

ネットで「新卒での就活失敗を今なお引きずる40代非正規雇用者」という記事を読みました。

実は私もその口で、新卒で入った会社が入社一年目で傾いてしまい、入社から一年で、その会社を辞める羽目になってしまいました。

当時は、新卒切符といわれる新卒で入る会社が、今後の人生にいかに大事だということが、全くわかっていませんでした。

そして、会社を辞めてしまっても、次の仕事なんて簡単に見つかるさ的な感じで、新卒で入った会社をあっさり辞めてしまいました。

新卒切符を捨ててしまう。

ちなみに、その会社は今も存在していて、当時は社員十数名しかいませんでしたが、今では社員50名近い規模の会社に成長しています。

ですので、仮に今でもその会社に残っていれば、そこそこの役職に就いていたと思います。

いまさらそんなことをいっても、タラレバなんですねどね。

いいたいのは、新卒で入る会社がいかに重要かということで、そこで失敗してしまうと、後々の人生に大きく響くこともあるということです。

有名大学でも内定ゼロ

もちろん、そこで失敗しても後からやり直せるチャンスは、いくらでもあると思います。

しかし、私のように新卒で入った会社で失敗してしまうと、そのことが尾を引いて、ズルズルと落ちてしまう人もいます。

例えば、40代のAさんは誰もが知る有名大学を卒業しましたが、就職氷河期といわれる時代で、内定は一社も出なかったそうです。

私も同じ40代で、同じ就職氷河期世代ですので、内定が取れなかった辛さはわかります。

そしてAさんは、内定が取れないまま大学を卒業してしまい、塾の非常勤講師で毎日を食いつないでいたそうです。

転職を繰り返す日々

しかし、塾の非常勤講師といっても営業ノルマを課せられ、講師の仕事よりも生徒を集めることに必死だったそうです。

最終的に、営業ノルマのことで精神的に病んでしまい、新卒で入った会社を辞めてしまったそうです。

そして、次の職場も同じ業界で、仕事も前職と同じような内容で、さらにブラック企業といわれるところだったそうです。

そういった会社でしたので、そこも辞めてしまったそうです。

そして、現在は塾の非常勤講師をしながら、奥さんと子供を抱え暮らしているそうです。

娘の進学希望を叶えられない!

また、非常勤講師ですので、収入はかなり少なく・・・

そのことで、娘の進学希望を叶えることができず、情けない親だと嘆いているそうです。

結局、有名大学を卒業しても、運やタイミングや巡り合わせなどが悪く、人生が好転することなく落ちてしまう人もいと思います。

そこで、人によっては努力が足りない!などという人もいるかもしれませんが、努力だけでは補えないこともあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ