ネットカフェ難民が増えているそうです。

スポンサーリンク

ネットカフェ難民について

10数年前に流行っていたといったら変ですが…

「ネットカフェ難民」という言葉を聞いたことがある。という人は少なくないと思います。

ネットカフェ難民とは、その名の通り「ネットカフェで暮らしている人」になります。

由来は、住所不定でネットカフェに寝泊まりし生計を立てる若者を、2007年にテレビで放送したことが始まりです。

そこで、10数年前のことですので、すでにネットカフェ難民はいないのかと思いきや…

今でも多数存在していて、都内だけでも「4000人」いるとされているそうです。

また、この4000人という数字はあくまでも推計ですので、4000人より多い可能性もあります。

動画

1時間100円とか1泊1000円以下とか、そんなネットカフェが今でも存在するのか不明ですが…

そういった格安で泊まれるネットカフェに、ネットカフェ難民といわれる人たちが集まっているそうです。

そもそもお金がないので、良い悪いに関係なく否応なく、そういったネットカフェを利用するしかないのかなと思います。

まともな仕事にありつけない

ネットカフェ難民の多くは「日雇い」(日雇い派遣)や「フリーター」で、その日暮らしの人が多数になるそうです。

そして、上記のような動画を見ていていつも思うのは、なぜ日雇いとかフリーターではなく、普通に働かないのかということです。

正社員が難しいなら常用型派遣(日雇いではない)とかなら、探せばあると思うのですが。

しかし、普通に働きたくても「住所不定」だと、まともな仕事にありつけないそうです。

また、その日暮らしの不安定な仕事では、ネットカフェに泊まる以上に、食べるにも困ることもあると思います。

そこで、ネットカフェに毎日払うお金があるなら、賃貸アパートとか普通に借りれると思うのですが。

敷金礼金が用意できない

ネットカフェに泊まるのに、仮に1日1000円払うと仮定すると、1日1000円×30日=月3万円という計算になります。

そして、ネットカフェに月3万円払えるなら、安いアパートなら借りれると思うのですが。

しかし、月3万円払えたとしてもアパートを借りるには、まず敷金礼金が必要になります。

敷金礼金は、借りる賃貸にもよりますが少ないところでも、最低でも2ヵ月ほど払わなければならないそうです。

ということは、アパートを借りるまでに最低でも、敷金礼金2ヵ月+前家賃1ヶ月=9万円が必要ということになります。

この9万円が用意できずに、ネットカフェ難民を続けているということです。

ネットカフェ難民が増えている

去年から蔓延している新型コロナの影響で、一時は減っていたネットカフェ難民が、ここに来て増えているそうです。

ネットカフェ難民になってしまう例としては、新型コロナの影響で内定を取り消されたり…

また、派遣先で派遣切りにあったり、仕事がないという理由から、バイトを突然クビになった人もいるそうです。

そういったことで、ネットカフェ難民が増えているそうです。

いくつかの不幸や不運などが重なると、誰でもおちいる可能性があるのが、ネットカフェ難民になると思います。

悲しいかな、それが今の日本の現実だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました