年収700万でも貧乏でプア生活を余儀なくされる理由とは?

スポンサーリンク

年収700万でも貧乏でプア生活

年収700万と言えば、月給にすると「45万前後」(ボーナス別)になると思います。

そして、月給で45万貰っていても、貧乏でプア生活を送る人がいると言います。

普通に考えて、月給で45万貰えているなら、それほど貧乏にはらなず、むしろ給与としては日本人の平均以上で、多い方だと思います。

そして、私の年収の3倍近い年収を貰っていて、貧乏とかプアとか「この人たちは一体何を言っているんだ!」と思うのですが・・・

しかし、年収700万貰っていても、貧乏でプア生活を余儀なくされていると言います。

実際の収入と支出の例

Aさんの例(40代・既婚・子供1人)

Aさんの月手取りは「48万」

生活費の内訳で大きいのは、住居費の15万、保険5万、教育費8万

月収の半分以上が、上記の3つで消えてしまい、ほとんど貯金できないと言います。

Bさんの例(30代・既婚・子供なし)

Bさんの月手取りは「39万」

生活費の内訳で大きいのは、住居費12万、食費9万、雑費4万

年収が高いことで、休日出勤が多く仕事は激務、そのせいで激痩せしてしまったそうです。

Cさんの例(40代・既婚・子供2人)

Cさんの月手取り「32万」

生活費の内訳で大きいのは、住居費13万、生命保険6万、教育費8万

とにかく、家のローンが大変で、貯金は常に100万にも満たない生活で不安だと言います。

上記3人の共通点

上記の3人の共通点は、貧乏とかプアという割には、住居費などが高いと言うことです。

そして、上記を見て思うのは、お金がなくて貧乏でプア生活をしている。という割には・・・

住居費が高かったり、生命保険が高かったり、食費が高かったりで、贅沢とまでは言いませんが、そこそこの生活をしていると思います。

ただし、子供がいれば部屋が必要で住居費が高くなったり、食費なども多く掛かりますので、仕方がないところもあると思います。

最後に

生活が苦しくて、貧乏とかプアとか言うなら、もう少し住居費などの生活費を切り詰めれば良いと思います。

もちろん、生活費を切り詰められないほど給与が安いなら、それは仕方がないと思います。

しかし、上記の3人はそうではないと思いますので、それで、貧乏とかプアとか言うのは、少し違うのかなと思います。

とにかく、高収入でも貧乏とかプアとか言っている人の多くは、支出の部分で見直せるところが多くあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!