年収が200万台と安くても普通に生活する方法とは?

スポンサーリンク

平均年収300万台の時代は終わった?

数年前までは「平均年収300万台の時代が来る!」とか「年収300万台の人は負け組だ!」などといわれていましたが・・・

果たして、今はどうなのでしょうか?

年収300万台は、確かに年収としては安い(低い)のかもしれません。しかし、私はそれほど安い年収だとは思いません。もちろん負け組だとも思いません。

それは、年収300万台でも独身(独り身)なら、贅沢しなければ普通に暮らせる年収で、多少の蓄えもできる年収だと思うからです。

問題は年収200万台以下

しかし、問題は年収300万台より安い今では普通になった、年収200万台以下の人になると思います。

そこで私を例にすると、私の年収としては「250万前後」になります。

そしてその年収になると、独り身ですので生活する分にはできますが、節約しない限り貯金にまでお金は回せません。

それは、普通に外食したり、普通に生活必需品を買ったり、普通に趣味を楽しんだりなどするには、不自由になる年収だということです。

節約が欠かせない!

そこで、年収200万台以下でも普通に暮らすには「節約」が欠かせないと思います。

その節約については、例えばコンビニの弁当ですが、安い弁当もあると思いますが、コンビニで普通に弁当を買えば「500円前後」はすると思います。

しかし、節約を考えコンビニではなくスーパーなどで買えば、300円や400円で買うことができます。さらに、自炊すればもっと安くなると思います。

そして、1回の弁当のことだけで、100円や200円の節約ができますので、弁当だけでなく弁当以外のことも節約を積み重ねれば、そこそこの節約になると思います。

安く買える場所を考える。

また、上記以外の節約になると、洋服を買うならユニクロで安く済ませるとか、フリーマーケットを利用するとか、生活必需品ならディスカウントストアで買うとか・・・

そういった「買う場所を考える」だけでも、節約することができると思います。

それは、買い物するときに1つ手間を加えて、安く買える場所で買い物をするだけでも節約できるということです。

そこで、節約はとても辛いものだと思われがちですが、やりようによっては、それほど辛いということはなく節約できると思います。

最後に

年収200万台でも、普通に生活する方法はいろいろあると思います。

しかし、それは独身の場合であって、結婚していたり子供がいたりすると話しは別で、その状態で年収200万台で生活するには、無理に近いものがあると思います。

そこでそういった場合は、転職するなどで年収を上げる努力をするしかないと思います。

しかし、簡単に年収を上げられるなら苦労しないわけで、結局年収が安いなら安いなりの生活をするしかないというのが、今の現状になると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ