昔と今の年金に対する考え方は違うと思います。

スポンサーリンク

貯金がなくても老後は安心の時代

その昔、貯金などしないのが、当たり前の時代でした。

その理由は、貯金がなくても安心して、老後が送れたからです。

例えば、昔の年金支給は「60歳」からでした。しかし現在は「65歳」からになります。

もちろん、年金は前倒しできますので、希望すれば60歳から支給が可能です。

しかし、60歳からの支給にすると、もらえる年金は大幅に少なくなってしまいます。

さらに、昔の貯金の金利(税引後)は「7%」とか「8%」でした。

貯金1000万円で悠々自適の老後

そこで、マイホームを購入して、1000万円貯めて定年退職すれば、老後は安泰だといわれていました。

例えば、年金の支給額は、厚生年金を満期で払っていれば、少ない人でも20万円程度になったと思います。

そこに貯金の金利が、上記の1000万円から試算すると、月6万円から7万円になります。

それを合計すると、月26万円~27万円使える計算になり、老後は安泰だったということです。

さらに、マイホームの支払いが済んでいれば、家賃もタダになります。

一方現在といえば、厚生年金を満期で払っても将来的な年金は、平均すると月15万円程度になると思います。

貯金の金利はほぼ0円

さらに、貯金を1000万円貯めようが、3000万円でも5000万円でも、その金利は「無」(0円)に等しいです。

そこで、貯金の金利を年金の足しにする考えは、無理ということになります。

ですので、老後のことを考えるなら、毎月一定額をコツコツと貯めて、老後に備える必要があると思います。

さらに、昔に比べると税金などが上がっていますので、今の生活費が安いというわけでもありません。

むしろ、これから税金などは上がると思いますので…

老後のことを考えるなら、税金のことを含めてというか考えて、より多くの貯金が必要になると思います。

60歳以降も働くのが普通の時代

昔は、60歳で定年退職したら、あとは悠々自適の生活が待っていました。

それがわかっていたからこそ、定年退職するまで一生懸命働くことができたと思います。

一方現在は、60歳で定年退職したからといって、悠々自適の生活が待っているわけではないと思います。

そこで、老後のお金が足りないからと、多くの人が60歳以降も働いています。

むしろ、60歳以降も働いて、中には70歳まで働く人も珍しくありません。

それを時代の流れといってしまえば、それまでだと思いますが、それでも世代間格差は、是正すべきだと思います。

ネガティブ思考の私

特に就職氷河期世代は、これから10数年後に定年退職すると、多くの人はカツカツの生活になると思います。

そういった弱者を、全て救済しろとはいいませんが、何かしらの対策は必要だと思います。

そして、そんなことを考えていると、ギリで就職氷河期世代という、中途半端な時代に生まれてしまった私は…

今後も中途半端に生きるしかないのかなと、少しネガティブに考えてしまうときがあります。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

年金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました