ネットカフェに住んで2年目の年収100万円生活の現実

スポンサーリンク

労働人口の約4割は非正規

世の中には、報われない努力があるのも事実です。

そこで、貧しい生活を強いられる状況は「努力不足による自己責任」と言い切れるのか?

派遣や契約社員を含めて非正規労働者は、労働人口の「約4割」と年々増加しています。

特に現在の30代後半~50代は、就職氷河期世代だけにその割合は高い。

それでも、フリーターや日雇いなどでも、低賃金で厳しい生活ではありますが、食べられる状況にあります。

しかし、定職ではないため何年働いても、技術や知識などは身に付かない。

自己責任だけでは片づけられない

そんな人たちが就職できるのか、と問われたら難しい現実があります。

それは、彼らは高給な仕事を奪い合う、過酷な椅子取りゲームに参加させられ、競り負けて貧困に陥った人だからです。

そんな社会状況の中で「自己責任」と切り捨てられるのはおかしな話しです。

そして、失業しても家さえ失わなければ、生活を立て直すことが可能です。

しかし、一度ネットカフェ暮らしや車中泊を始めてしまうと…

新たに住宅を契約することは難しく、そこから這い上がるのは困難だといいます。

就職したホテルが倒産

都内のネットカフェを転々とし、漂流生活を送っているMさん(40代前半)は、まさに当事者の一人です。

Mさんは、高校卒業後に就職したホテルが倒産

その後、肉体労働を転々とするなか腰を痛めてしまい、38歳から中年フリーターに。

地元では仕事がないので、東京に出てきました。

ネットカフェは、本来1~2週間程度の仮住まいのはずでした。

しかし、正社員になれずもう2年目を迎えています。

日雇いでお金が貯まらない

現在は日雇いで、時給1200円を稼ぐものの収入は安定せず、家を借りるお金が貯まらない。

年収は100万円ぐらいで、食事は24時間営業のスーパーで…

深夜になると半額になる、200円弁当や50円のおにぎりなどです。

そこで私が思うのは、家を借りるお金が貯まらないといいますが、都内でも2万とか3万で借りれる部屋があります。

仮に月3万円の部屋で、敷金と礼金と前家賃で3ヶ月分払ったとしても、合計9万円です。

さらに手数料などで、1ヶ月分多く見積もっても12万円です。

まずは部屋を借りること

そして、Mさんは日雇いなので、12万円も貯められないということなのか?

もしくは、親や親戚や友達や知り合いなど、どうにかして頼ることはできないのか?

とにかく、まずは部屋を借りて日雇いではなく派遣なら、比較的楽に定期の仕事に就くことができると思います。

それが厳しいとなると、現在の日雇いを抜け出すことは、難しいのかなと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました