日本人が投資しないのは投資は悪いことだと認識されているから!

スポンサーリンク

日本人は投資したがらない

今でこそインターネットが普及して、株などに投資する人は増えたと思います。

それでも他の先進国などと比べると、日本人は投資したがらない人が多いといいます。

その理由は「投資は悪いこと」などと認識されているからです。

また、小さなころから働いてお金を稼ぐことが善で、投資などでお金を稼ぐことは、悪だと教えられているからです。

その証拠に、周りの人に投資しているか聞いてみれば、結果は明らかだと思います。

投資は危険で儲からない

その結果とは、ほとんどの人が投資していないというと思います。

それは、上記にも書いたように、投資は損する、投資は危険、投資は儲からないなど、そのような認識が根底にあるからです。

そこで、投資などせず貯金した方が、安全だと思う人が多いのだと思います。

結局、日本人は横並びが好きで、周りが良いというものは良いし、周りが悪いというものは悪いとなってしまいます。

そして、投資=儲からない=悪いとなってしまうのだと思います。

車やマイホームも投資だと思います。

日本人は、簡単に車を買ったりマイホームを買ったり、そんな人が後を絶ちません。

それは、車やマイホームを持つことは、日本人にとって「ステータス」で、それが世間的に信用や信頼に繋がるからです。

しかし、車やマイホームを買うことも、ある意味投資だと思うのですが、そのことを投資だと理解する人は少ないと思います。

そして、車やマイホームに投資したとしても、ほとんどの場合は、買値よりも価値が下がることになると思います。

同じ投資なのに善と悪に分かれてしまう。

株に投資して株価が下がると、株は儲からないもので悪いとされてしまいます。

しかし、車やマイホームの価値が下がったとしても、それは当然のことで、当たり前のことだとされます。

株も車もマイホームも、払うお金の価値としては同じだし、同じ投資だと思います。

しかし、損をしたり価値が下がったりすると、株は悪いことで、車やマイホームは悪くないと認識されます。

もちろん、車やマイホームは使っていれば、自然に老朽化しますので、価値が下がるのは仕方がないと思います。

それをいえば、株は会社の業績次第で下がることもあれば、配当落ちなどがありますので、株価が下がるのも仕方ないといえます。

日本人の悪い癖

特にバブル期を経験していたり、知っていたりする人は・・・

バブル期に羽振りが良かったけど、バルブ崩壊後に沈んでしまったという人を、多く見ていると思います。

そういったことなどがあり、投資は儲からないとの認識する人は多いと思います。

そして、投資することが悪いと横並びで考えるのは、日本人の悪い癖だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

投資・株
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました