もしものとき路頭に迷わない貯金とはいくら必要になるのかという疑問

スポンサーリンク

もしものときの貯金について

もしものときに備えて、多くの人は・・・

人により多い少ないはあると思いますが、ある程度の貯金をしていると思います。

しかし、もしものときの貯金といっても、もしものときの貯金が一体いくら必要になるのか、把握している人は少ないと思います。

そして、私自身も貯金をしていますが、それはセミリタイアのことだけでなく、もしものときのことも考えて貯金しています。

しかし、もしものときの貯金を把握して、貯金しているわけではありません。

もしものときの貯金の額について

そこで、もしものときの貯金とは、一体いくら必要になるのかということですが・・・

それはズバリ!「一年間無収入で生活できる額」なんだそうです。

例えば、私なら月10万あれば生活できますので、一年分の生活費の120万あれば、路頭に迷わない額になるということです。

そして、私より生活費が多い人は、もしものときの貯金は、多く必要になるし・・・

一方で、私より生活費が少ない人は、もしものときの貯金は、少なくて済むということです。

また、会社を経営していたり自営業などの人は、生活費+運転資金ということになります。

なぜ一年分の生活費なのか?

さらに、養う子供などがいればプラスアルファーで、何かとお金が必要になると思います。

そして、なぜ路頭に迷わないもしものための貯金が、一年分の生活費なのか・・・

それは、仮に無職になり無収入になった場合、生活を立て直すには、長く見積もって一年ぐらい必要になる場合があるからです。

確かにもしものための貯金が、一年分の生活費というのに、納得ができる部分があります。

というのも、私自身会社を辞めて無職になったことが、何度もあるのですが・・・

最後に

次の仕事が決まるまでに、最長で一年は掛かりませんでしたが、半年以上掛かった経験があります。

そこで、無収入で生活するには、一年分の生活費ぐらいは必要だと思います。

そして、もしものための貯金が一年分の生活費とは、あくまでも最低額になります。

また、一年分の生活費とは、働ける年齢であることが条件で、高齢で働けない場合には、さらに多くの貯金が必要になります。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!