若いときにお金を使うか老後のためにお金を貯めるかの問題

高齢者の方がいう言葉

老後になって、高齢者がいう言葉

それは、若いときにもっと勉強しておけば良かったとか、遊んでおけば良かったとか・・・

もしくは、もっとやりたいことをしておけば良かったなど、そんな言葉だと思います。

ちなみに老後とは、年金をもらう65歳以上の人のことを一般的にいうそうです。

そして、今まで生きてきた人生の中で、後悔したことが一度もない。そんな人はいないと思います。

人生で後悔しない人はいない

仮に、今までの人生の中で、一度も後悔したことがないという人がいたら・・・

それは、結果的に成功しているのであって、よく考えてみれば、小さなミスや後悔などがあったと思います。

そして、若いときにもっとやりたいことをしておけばと、後悔したとしても・・・

やりたいことをするには、基本的にお金が掛かると思います。

例えば、若いときに留学すれば良かったと後悔するも、留学するにはお金が掛かります。

何をするにもお金が掛かる

そして、若いときに留学したとしても、それが将来的に活かされていたかは不明です。

さらに、留学するための資金が多く掛かっていれば、借金で経済的に惨めな生活になっていたかもしれません。

もちろんその逆もありきで、留学したことで人生が上手く行く場合もあると思います。

要するに、過去のことを振り返ってみても、現実は変わらないということです。

そして、そんなことをいくら思ってみても後の祭りで、過去のことを振り返ってみても、後悔先に絶たずということです。

過去は過去でしかない

また、過去のことを振り返って深く落ち込むぐらいなら、そんなことは考えない方が良いと思います。

そして、世間一般によくいわれている言葉で「やらないで後悔するよりも、やって後悔した方が良い」といいます。

しかし、上記のに書いたようにやりたいことをするには、基本的にお金が掛かります。

そして、やりたいことにお金を使いまくれば、場合によっては借金だけが残り、老後破綻してしまいます。

難しい問題

しかし、老後のためにと、今やりたいことをセーブしてお金を貯めるのも、それはそれで違うと思います。

そこで、私が一番良いと思うのは、今やりたいことなどのためにお金を使いつつ、老後のための蓄えもするということです。

それは、今のことを考えるのも大切ですが、老後のことを考えるのも大切だからです。

しかし、それは口でいうほど簡単ではなく、特に収入が少ないとなると、どちらかに偏ってしまうと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました