実家を出ていくつもりはない結婚せず親元に寄生する中年男性

スポンサーリンク

50歳男性の4人に1人が未婚

50歳までに一度も結婚したことがない人は増え続け、男性では約4人に1人となっている。

中でも、親元を離れず子ども部屋に住み続ける、中年男性を指す「子ども部屋おじさん」という言葉が…

さまざまな媒体で使われ、ネット上での流行ワードになっている。

そして、40代のTさんもそのうちの一人で、実家で70代の両親と暮らしています。

居室は、幼少時からの子ども部屋

80年代のファミコンソフトや攻略本、90年代のシングルCDなどが並んでいる。

就職するもすぐに辞めてしまう。

Tさんは大学卒業後、パソコン部品の販売会社に就職するも25歳で退職してしまう。

以来、この部屋でアダルトゲームを製作し、ネットで販売している。

そして、日雇いのアルバイトも含めて、現在の年収は「100万円」ほど。

それでは一人暮らしは難しく、生活費も現役で働く父親(70代)に頼らざるを得ない。

それでも両親はTさんに対して、出ていくようにいったことは一度もないという。

また、母親が購入して畳んで用意してくれる、ネクタイとワイシャツ姿で暮らしている。

今後も実家に住み続けたい

Tさんは、これまで女性との交際経験はなく、もし結婚することがあっても、実家に住み続けたいと考えています。

それは、家賃が浮くというのもありますが、あまり出たくないと話しています。

さらに、将来についても実家からは出ない。最期の瞬間まで、この部屋にいるんだろなと思っていると語る。

そこで思うのは、親に至れり尽くせりしてもらっていれば、実家にいたいと思う気持ちが強くなると思います。

ましてや、仕事をしてもすぐに辞めてしまい、現在の収入も少ないので…

実家にいたいと思うのは、当然の成行というか考えになると思います。

全ての人が甘えてるは違うと思う

実家に住んでいると、大抵の場合は「甘えている」などといわれることになります。

また、40代とか50代の高齢になってまで、親に甘えているのは、世間一般でいえば「悪いこと」だとされています。

それは、親から離れて独立することが、良いことというか、当たり前のことだとされているからです。

とはいえ、親が良いと考えているなら、子供が実家に住み続けてもかまわないと、私は個人的に思います。

むしろ、実家に住み続けることを悪いとする方が、私は違うのかなと思います。

とはいえ、一から十まで親に甘えきってしまうのも、私は違うと思います。

最後に

それは、上記のTさんのように、ご飯の用意から洗濯まで、さらに服の用意まで親にしてもらっているのは…

違和感があるというか、そのぐらいは自分でするべきだと思います。

その理由は、親が自分のことを一生面倒みてくれるわけではないからです。

そして、親が亡くなったときに、改めて自分の生活を立て直そうとしても、年齢的なことなどで遅い場合もあります。

そこで、実家に住み続けることは、私は決して悪いことだとは思いません。

しかし、親に甘える前に自分の将来設計を、事前にしておく必要があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました