低収入で結婚できない中年男が運良く結婚できたとしても…

スポンサーリンク

中年の年齢とは

まず「中年」とは、一体何歳の人のこというのか?

それは、一般的に「40歳~55歳」を中年と呼ぶそうです。

そして、現在の40代(40歳~48歳)といえば、氷河期世代とかロスジェネ世代などと呼ばれています。

なぜそのように呼ばれているのか、それはバブル崩壊の煽りを受けて、就職が困難だった世代になるからです。

また、経済的に苦しい人が多い世代ともいわれています。

低収入に甘んじている世代

そして、就職が困難だった氷河期世代とかロスジェネ世代は、現在どうしているのか?

それは、就職が困難だったことで、思うような会社に就職できなかったり・・・

そのことで、思うようなキャリアを形成できなかったことで、世代的に低収入に甘んじている人が多いといいます。

そして、結婚したくてもできない。そんな人たちが多い世代ともいわれています。

収入が少なく結婚できない!

なぜ結婚したくてもできないのか?

それは、収入が少ないことで、奥さんや子供を満足に養えないと考えるからです。

そのことで、好きな人がいたり、付き合っている人がいても、結婚することに二の足を踏んでしまうといいます。

そして、低収入である私自身は、結婚するつもりはありませが・・・

仮の話しで、もし収入が多かったとしたら、もしかしたら今とは違い結婚したい。そんな感じに思っていたかもしれません。

低収入では見向きもされない!

そして、低収入の中年男が、低収入でも結婚したいと、婚活をしてみても・・・

例えば、年収300万とか年収400万では、女性から見向きもされないといいます。

そして、自分の年収をいった瞬間、女性たちは去ってしまうそうです。

それは、女性たちが悪いのではなく、結婚生活とは何かとお金が掛かりますので、経済力を問うのは普通のことだと思います。

ましてや、結婚して子供ができたとなれば、経済的な負担はさらに大きくなります。

最後に

結局、年齢的に高い中年になると、女性は経済的なことを多く見ますので・・・

経済力がないと、結婚は難しいということになると思います。

そこで、氷河期世代とかロスジェネ世代になると、収入が少ない人が多く、結婚できないという構図になると思います。

そして、運良く結婚できたとしても、経済的に辛い現実が待っていると思います。

それでも、家族のことや経済的なことなど、辛いことを一緒に乗り越えようというのが、結婚になると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました