婚活市場をさまよう膨大な数の高齢女性が難民化しているそうです。

スポンサーリンク

定年退職後に熟年離婚したAさん

現在68歳のAさんは、定年退職後に事情があって離婚し、余生を共に過ごす伴侶を婚活サイトで探していました。

そんなAさんが体験したのは、金持ちの男性を求めて婚活市場をさまよう、膨大な数の高齢女性がいるという現実だったそうです。

彼女たちの多くはずっと専業主婦で、離婚や死別で一人暮らしになり、わずかな年金しか受給できません。

また、資格も就業経験もないので、いまさら働いても満足な収入は得られない。

そんな彼女たちにできる唯一のことは、男に尽くして養ってもらうことだといいます。

熟年離婚とは

高齢になってから離婚することを「熟年離婚」といいます。

また、長年連れ添った夫婦が、様々な原因から離婚することを熟年離婚といいます。

そして、私が熟年離婚という言葉を初めて聞いたのは、確か10年ぐらい前になると思うのですが、記憶は定かではありません。

それは、熟年離婚という言葉が使われたのは、そう古くないということです。

そして、熟年離婚の多くは、定年しこれからセカンドライフを送ろうといった矢先に、妻から先に切り出すことが多いそうです。

熟年離婚と婚活市場について

しかし、無事に離婚しても上記に書いたように、貰える生活費は多くありません。

生活費としては、わずかな年金と今まで蓄えていた貯金などで、十分にあるという人は、限られるといいます。

そこで、高齢で離婚した女性が婚活市場に、男性を求めて群がるということです。

そして、彼女たちのお目当ては、相応の収入があるか、相応の資産がある人になります。

例えば、年収500万ある男性には、多くの女性が群がるといいます。それは、経済的なことを考えると、今後の生活が安定するからです。

年収300万以下は相手にされない。

しかし、年収が低いとなると女性に全く相手にされず、そのボーダーラインとしては「年収300万」になるそうです。

ですので、例えば年収が200万の独身男性が、パートナーを求めて婚活を頑張ったところで、無駄に終わることが多いということです。

そして、年収が低い男性のほとんどは、パートナーを見つけることができず、婚活市場から去って行くそうです。

また、高齢女性の多くも、収入が高いパートナーを見つけることができず、婚活市場から去ることが多いそうです。

パートナーがいないメリット

私も独身の一人身ですので、パートナーが欲しいと思ったことは何度かあります。

しかし、今の私の年収などを考えると、簡単には結婚できないし、ましてや結婚しても私の収入だけでは、相手を養うこともできません。

となると、今後もずっと独身を貫き通すしかない。ということになりますが、それはそれでメリットがあると思っています。

それは、例えば一人身なので気楽に生活できることもありますし、何をするにも自分の考えで行動できるなどがあります。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ