婚活パーティーで年収を知ってぞっとして熱が冷めてしまったとは?

スポンサーリンク

婚活パーティーでぞっとする!

ある独身女性が、婚活パーティーに参加したところ・・・

そこで、気に入った男性と出会い、その男性と上手く行きそうになったそうです。

しかし、その男性に年収を聞いたところ「年収400万台」(正確には472万)と言われ、ぞっとしてしまったそうです。

それと同時に、その男性への熱が一気に冷めてしまったそうで、その話しのことが、とある掲示板に載っていました。

年収400万台は低い年収なのか?

私からしたら、年収400万台と言うのは、十分だとは言いませんが・・・

年収的に低いとは思わないのですが、世間一般から見ると年収400万台と言うのは、低い年収だと考えられているのかもしれません。

しかし、日本の平均年収は、現在「400万台前半」になっていますので・・・

それと比べても、上記の男性の年収については、決して低い年収と言うことはないと思います。

容姿や性格より年収ありき

もっと言えば、日本で働く多くの日本人は、年収300万台以下が「4割以上」も占めている現状があります。

そこから、年収300万台程度が普通の年収と考えるなら、年収400万台というのは、決して低い年収ではないと思います。

結局、生活するにはお金が必要で、少しでも裕福な生活がしたいと思う女性が、男性を選ぶ基準については、年収ありきになると言うことだと思います。

それは、年収が高くなければ、容姿や性格などがいくら良くても、結婚相手として選ばれる可能性は低い。ということになると思います。

結局は金なのか!?

もちろん、結婚相手を探している女性の全てが、年収の高い低いで結婚相手を選んでいる。と言うわけではないと思います。

しかし、年収の高い低いなどの収入面の条件も、結婚相手として選ばれる一つの要因になる。と言うことだと思います。

そこで「結局は金かよ!」と言いそうになってしまうと思いますが、生活するにはお金が必要で、お金は大切ですので・・・

お金の問題と言うか、結婚相手に収入のことを求めるのは、ある意味避けては通れない道になるのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!