布マスクなんていまさら支給されてもいらねえだろ!

スポンサーリンク

布マスクなんていまさらいらねえ!

菅義偉官房長官の28日午前の会見。

介護施設や保育園に布マスク8000万枚を配布することが報じられたことに関して。

3月以、降介護施設などの全て利用者と職員を対象に順次配布してきたが、関係者からはお礼のご連絡を頂いている。

布マスクは繰り返し利用できることから、コスト面でも相対的に安価であり、需要の抑制にも資する。

高齢者などは重症化するリスクが高いと言われる中、今後の感染拡大への備えという観点から、重点的に対策が認められている。

継続配布は有意義であると考える。9月中旬までに配布していくと聞いていると答えた。

政治家の常識は世間の非常識

「政治家の常識は世間の非常識」とはよくいったもので、いまさら政府から支給される布マスクなど、誰が欲しいと望んでいるのか。

それでも百歩譲って、顔が小さな子供とか女性とかなら、使いようがあるのかもしれない。

しかし、大きいサイズの不織布マスクでさえ、顔が大きくて小さいと感ている私などは…

使えない小さな布マスクをもらったところで、いまさらどうしようもない。

そこで、捨てるのはもったいからと、もしものとき用に保存するぐらいしかできない。

また、お礼があったといっているが、それは世間一般でいう「社交辞令」ということがわからないのだろうか?

無用の長物

では、布マスクをもらうのと、布マスクを配布するための費用、例えば1000円のどちらを選びますかといわれたら?

全員一致で1000円を選ぶだろう。

それぐらいあの布マスクは無用の長物ということ。

そもそも政治家オススメのあの布マスク、政治家の誰一人として使ってない。

安部さんが無理やり使っているのを一度だけ見たことあるけど、小さすぎて顔の大部分がはみ出してるし。

あの光景を見せられて、誰が使いたいと思うのかな。

失敗を認めない政府(政治家)

結局さ、あの布マスクって失敗だったわけ。

それを政府(政治家)は認めたくないから、ごちゃごちゃ何かと理由付けて、何とかして早く処分したいわけ。

そして、自分たちのミスをなかったことにて、帳消しにしたいという話し。

あと、あの布マスクを付けている人、今まで一度も見たことないんだけど。それは、あの布マスクを付けると笑われるから。

だって、あんな小さいというかダサいと何というか、そんなマスクを付けていたら、陰でクスクス笑われるだけの見世物になるから。

そこで、見世物にはなりたくないと、恥ずかしいから誰も付けないわけ。

お金は無限ではない

こんなことなら、初めから布マスクを配るお金で、例えば不織布マスクを作る工場を作って…

少しでも多くの人を雇って雇用に貢献した方が、経済のこと考えたら百万倍ぐらい良かったと思うよ。

そもそも布マスクは、不織布マスクに比べてウイルスを通しやすいので、不織布マスクの方が推奨されている。

また、何度も洗って使えるといっても、定期的に洗ったりなどの手入れが面倒。

その点、お金はかかるけど使い捨ての不織布マスクの方が、衛生面を考えると良いし、それ以外のメリットも多い。

とにかく、布マスクなどいまさらいらないから、配布するお金をもっと有意義なことに使ってほしい。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

政治・経済
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました