貯金1億円の高年収男性でもフラれ続けてしまう理由

スポンサーリンク

婚活市場では条件がいいAさん

50代男性のAさんは、開業医で収入が高く、外見もダンディーで清潔感がある。

さらに、性格も明るくてよく話し、頭の回転がものすごくいい。

平日は、勤務するクリニック近くのマンションで暮らし、週末は郊外にある豪邸に帰る。

また、園芸や楽器などの趣味を楽しんでいます。

結婚歴があり、子どもにも恵まれましたが、妻の両親とクリニック経営をめぐりもめたことで離婚しました。

Aさんの致命的な問題

それから10年以上経ち、今後のことを考えた末、もう1度結婚したいと言って、結婚相談所に入会しました。

Aさんは、婚活市場において「かなり条件がいい男性」になります。

しかし、致命的な問題がありました。

その致命的な問題とは「こだわりが多すぎる。」ことだったそうです。

そこ思ったのは、Aさんは条件が良い男性だけに、こだわりも多かったのだと思います。

こだわりが強いAさん

Aさんが希望する女性は、知性があって、自立していて、芯が強く、自然が好きで、結婚歴がなく、子どもを希望しない人

そして、年収は「1000万円以上」を希望しました。

さらに、平日はあまり関わられたくないので、別居婚を強く希望していました。

ちなみに、Aさんは別の相談所にも入っていて、こだわりが多すぎて、3人しかお見合いをしなかったそうです。

私の個人的な意見は、そこまでこだわりが多いと、結婚は難しいのかなと思いました。

妥協して無事に結婚が決まる

Aさんがどうしても譲れなかったことが「平日の別居」でした。

何人もの40代女性とお見合いしましたが、いいなと思った人に「私は週末婚がいいです。」とストレートに言うため、ふられてばかり

気が強い女性に、ボコボコに言い負かされて、しょげたこともあったそうです。

その後Aさんは、最終的には「平日は都心に一緒に住んでもいい」というところまで、妥協したそうです。

その結果、無事に結婚が決まったそうです。

最後に

Aさんの場合、こだわりが多くても、開業医で収入が高く、容姿も良くて、性格が明るいなどがあり、結婚が決まったのだと思います。

そこで、仮に収入が少ないとか、容姿が良くないとなれば、結婚は難しかったと思います。

結局、収入が多ければこだわりが多くても、結婚は比較的容易なのだと思います。

しかし、収入が少ないとか、容姿が良くないなどがあれば、それだけ妥協することも多くなると思います。

ですので、私のような低収入のブサイクでは、絶望的に結婚は難しいのかなと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました